悔しいドローにも収穫見えた日韓戦。タフな守りを見せた守備陣、変化をつけた山口&倉田

日本代表は5日、東アジア杯の韓国代表と対戦し、1-1で引き分けた。大会連覇の目標が潰え、悔しいドローとなってしまったが、いくつかの収穫も見られた。攻撃陣には大きな課題は残っているが、選手たちはその中でも自信を口にしている。

2015年08月06日(Thu)11時20分配信

text by 元川悦子 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , ,

悔しいドローに終わった日韓戦

悔しいドローにも収穫見えた日韓戦。タフな守りを見せた守備陣、変化をつけた山口&倉田
守備の手応えを口にしたDF槙野智章【写真:Getty Images】

 2日の2015年東アジアカップ(武漢)初戦・北朝鮮戦でまさかの逆転負けを強いられ、いきなり崖っぷちに立たされた日本。5日の第2戦・韓国戦は是が非でも勝利をもぎ取る必要があった。

 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督はメンバー総入れ替えに打って出る可能性もあると見られたが、実際には5人を代えるにとどめた。守備陣はGK西川周作、槙野智章(ともに浦和)、森重真人(FC東京)ら軸をなすメンバーは不動。中盤の山口蛍(C大阪)、快足FW永井謙佑(名古屋)も残した。ただ、基本布陣は北朝鮮戦スタート時の4-2-3-1ではなく、後半から採った4-3-3。中盤は初キャップの藤田直之(鳥栖)をアンカーに置き、柴崎岳(鹿島)と山口をインサイドハーフに並べる形だった。

 指揮官が藤田に相手トップ下のチュ・セジョン(8番)をマンマーク気味につかせたこともあり、中盤に穴が空きがちだった前半25分頃までは韓国に圧倒的に支配された。それでも槙野と森重がマークを受け渡しながらの196㎝の長身FWキム・シンウク(9番、蔚山現代)の守備はうまく機能していた。「何度かファウルはあったけど、高さの部分と監督の言うデュエル(決闘の意)の部分では気持ちと戦う姿勢を出せた」と槙野も手ごたえを口にしていた。

 それだけに前半25分に森重がPKを取られたシーンは不運だった。「サッカーをやってたらああいうアクシデントはある。ハンドを取られたが、当たってることは当たってる。ただ、故意か故意でないかは審判もちゃんと見てほしい」と森重も悔しさをかみ殺した。韓国もこのPKと、FKからイ・ジェソン(17番)のヘッドがクロスバーを叩いた後半24分の決定機以外、ゴールに直結しそうなプレーがなかっただけに、日本にとっては本当に残念だった。

1 2 3

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top