長谷部、“ぶっつけ”で先発も逆転負けに「自分たちのサッカーを表現できなかった」

14日22時(日本時間15日10時00分)に行われた日本代表対コートジボワール代表戦。試合直後に長谷部誠が語った。

2014年06月15日(Sun)12時24分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , ,

20140615_hsebe_getty
長谷部誠【写真:Getty Images】

 日本代表は現地時間14日、レシフェのアレナ・ペルナンブーコでのW杯初戦でコートジボワールと対戦し1-2で逆転負け。

 主将として先発した長谷部誠は「厳しい敗戦。相手が良かったというよりも自分たちのサッカーを表現できなかった」と、自ら試合前に語った“日本サッカーの未来”を示すことが出来なかったことを悔やんだ。

 その要因を問われると「大舞台で自分たちのサッカーを表現していく部分で、準備できたと思っていたが未熟だった」と語り、個人のプレーに関しても「納得いくものでは無かった」と振り返った。

 この敗戦によってギリシャとの第2戦は勝つしかない状況だが「中4日で、もう一度最高の準備をして一丸となって切り替えたい」と意欲を語った。

【了】

関連リンク

遠藤保仁、W杯を語る。日本サッカーが手にした知性
強いやつに勝ちたい。世界中に認められたい
日本代表・山口蛍の『判断力』の磨き方
伸ばす力 世界で輝く「日本人選手」育成レシピ
僕らがサッカーボーイズだった頃2 プロサッカー選手のジュニア時代
本田圭佑選手プロデュースサッカースクール
柿谷曜一朗のサッカースーパーテクニックバイブル【DVD付】
大久保嘉人のサッカー攻撃テクニックバイブル
サッカー日本代表 きゃらぺた エンブレムVer.
本田圭佑という哲学 世界のHONDAになる日

新着記事

FChan TV

↑top