大久保が日本の攻め方に苦言。「中を崩せずサイドに行ってしまう。相手はでかい、勝てる訳ない」

コロンビア戦で先発起用された大久保嘉人。得点を奪うことができなかったが、攻撃に関しては彼なりに思うところがあったようだ。特に指摘するのは中を崩す意識の部分。サイドからの単調な攻撃には苦言を呈した。

2014年06月25日(Wed)16時06分配信

text by 河治良幸 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , ,

「ペナルティエリアの中で崩せていない。そこまで来てサイドに行ってしまう」

20140625_okubo_getty
大久保嘉人【写真:Getty Images】

 ザッケローニ監督や選手たちが主張してきた“自分たちのサッカー”というものに関しては、この3試合で最も発揮できた試合だったのは確かだろう。

 中盤でパスをつなぎながら、前線が機動的にアタックして行くスタイルは20本を超えるシュート数につながった。しかし、終わってみれば1-4という大差の敗戦。これをシンプルに決定力の差とする見方もあるだろう。しかし、それに異を唱える選手がいた。

「ビッグチャンスはコロンビアの方があって、けっこう外していますよ。4点も取っているからあれだけど」

 サイドで起点を作りながら、最後は中で崩していくのが日本の目指す攻撃だったはずだが、この大会では起点がサイドでも中でも、結局はサイドからのクロスが頼みになってしまっている。

 それはコロンビア戦も変わらなかったのだ。この試合における日本の唯一の得点はクロスから岡崎が得意のダイビングヘッドで決めた形ではあったが、多くは跳ね返されてしまった。

 そうした中で記録したシュートの大半はペナルティエリアの外から打ったもの。もちろん、ミドルシュートは大事だが、仕掛けていかなければいけない状況、相手のブロックがある状況で、可能性の低いシュートを選択してしまった場面も多い。

「ペナルティエリアの中で崩せていない。そこまで来てサイドに行ってしまうから。相手がでかいのに、そんなので勝てる訳ない。そこからワンツーがあってもいいのかなとすごく感じました」

1 2

新着記事

FChan TV

↑top