「4年間は大きく間違っていた」。軌道修正の必要性を語った本田。「正解は何なのか…。もう一度、一から見つけたい」

コロンビア戦から一夜明け、本田圭佑が心境を語った。自分たちのサッカーに自信を持ち、優勝を公言しながら勝ち点1で敗退した現実。この4年間のアプローチは間違っていたのだろうか。

2014年06月26日(Thu)14時47分配信

text by 元川悦子 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , ,

厳しい現実を改めて突きつけられたコロンビア戦

「4年間は大きく間違っていた」。軌道修正の必要性を語った本田。「正解は何なのか…。もう一度、一から見つけたい」
本田は気丈にミックスゾーンで思いの丈を口にした【写真:Getty Images】

 4年前の南アフリカ大会でベスト16入りした時から「W杯優勝を狙う」と公言し、ザッケローニ監督体制発足後は絶対的エースとして攻撃陣を引っ張ってきた本田圭佑。

 日頃、強気の男にとって、24日のコロンビア戦(クイアバ)は過去に経験したことのないほど屈辱的なゲームだった。日本らしいスタイルを出すため、ボールを支配し、パスを回し、数多くのシュートチャンスを作ったにもかかわらず、1-4の惨敗を喫するというのは、本田にとって想定外だった。

 自分たちの理想に近い内容で戦い、相手を上回っても、結局ゴールが奪えなければ勝てない…。サッカーの厳しい現実を改めて突きつけられたのである。

「話すとキリがないですけど、細かいところの積み重ねで向こうの方が上回っていたと思うし、自分たちはチャンスを決めることができずに、向こうはチャンスを決めたと。そこに総括されると思います。

 試合を振り返ると細かいことはありますけど、自分が言ったことに対しての責任もありますし。とにかくこれが現実。非常にみじめですけど、全てを受け入れてまた明日から進んでいかないといけない。

 当然ながら僕の言うことの信用も下がるし、この悔しさを生かすしかないのかなと。自分は自分らしくやっていくしかやり方を知らない。強気しか僕には道はないと思います」と落胆を振り払うように、本田は気丈にミックスゾーンで思いの丈を口にした。

1 2 3

新着記事

↑top