熱狂のベルギー、なんと教会ミサも中止。アルゼンチンへ過剰な警戒なし「俺たちにはアザールがいる」

ベスト8進出にベルギーは熱狂している。教会のミサも中止にし、国民をあげて応援している。勝っても負けてもお祭りだ。選手たちも過剰な警戒心はない。自信を持ってアルゼンチン戦に臨むようだ。

2014年07月05日(Sat)16時29分配信

text by 小川由紀子 photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

「赤い悪魔たちが勝ってくれたら盛大に鐘を鳴らす!」

20140705_bel
デビルズの活躍に国内も加熱【写真:Getty Images】

 この国での代表チームの報道には、いつもほんわかとした愛情を感じるが、切羽詰まったアルゼンチンとの準々決勝戦を前にしても、それは変わらない。

 報道は、いかに国の人々がこの一戦に興奮しているか、そして1986年大会以来、ベルギーサッカー史上2度目のベスト4入りなるかどうか、という期待感で溢れている。

 フランス語系日刊紙の主要紙『Le Soir』は、この試合が行われる5日土曜日、街のいたるところでサッカーの影響が出ることをレポートしている。

 18時キックオフということで、家でのテレビ観戦組も多いことから、レストランは閑古鳥になることが予想される。

「この夜の商売はあがったり。ちょうど夕飯時のキックオフだし、試合後は食事よりもカフェや街頭で祝勝会するだろうからね」。チェーンレストランの責任者はそう語る一方で、「でも、デビルズの活躍は本当にありがたい。カフェ業界はずいぶん潤ったよ」と恨み節はない。

 夏のセールまっただ中だが、試合を見るために早めにショッピングを切り上げるお客が多いため、「スタッフも試合が見たいだろうし、お客はどうせ来ないのだから」と、いつもより早く店じまいすることを決めている店も多い。

 映画館は、今日に限らず、W杯開催中は客足が激減しているという。しかし、主要映画館チェーンの広報担当者は、「文句は言えません。映画館の客足が途絶えているということは、デビルズが活躍している証拠ですからね」とデビルズ優先だ。

 その他、教会のミサも中止に。ある教会の司祭は、「赤い悪魔たちが勝ってくれたら盛大に鐘を鳴らす!」と意気込んでいる。

1 2 3 4

新着記事

↑top