“ポスト内田”は誰だ?「日本のダニ・アウベス」酒井宏樹が挑むし烈なサバイバル

長く日本代表の右SBを担ってきた内田篤人だが、右膝の負傷の影響でここ最近は遠ざかっている。そのため、ポジションを狙う選手にとっては絶好のチャンスといえるが、酒井宏樹もその1人だ。

2015年06月13日(Sat)11時55分配信

text by 元川悦子 photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

前向きな印象を残したイラク戦

20150613_hiroki_getty
酒井宏樹【写真:Getty Images】

 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督体制3試合目の国際Aマッチとなったイラク戦(日産)を4-0で大勝した日本代表。彼らは前向きな状態で翌12日、次戦・シンガポール戦の地・埼玉へ移動してきた。

 この段階で負傷の清武弘嗣(ハノーファー)と川又堅碁(名古屋)が離脱するという残念なニュースもあったが、それ以外の24人は元気な様子で17時過ぎから埼玉スタジアム横のサブグランドで行われたトレーニングに姿を現した。

 初陣から3連勝中の指揮官はこの日も練習開始前の屋外ミーティングを11分間実施。身振り手振りで指示を送るなど、アグレッシブさを前面に押し出した。

 本田圭佑(ミラン)ら前日先発組11人はクールダウンのみの内容だったが、途中出場の原口元気(浦和)らが参加したサブ組のメニューは5対5+フリーマン+GKのゲームやシュート練習など多岐に渡っていた。

「技術的なことも全て教えてくれる監督なのですごくいいと思う」と原口も関心していたが、選手たちはそんなハリルホジッチ監督にいいアピールをしての何とか出番を得ようと闘志を強く押し出した。

 鬼軍曹就任後、全ポジションのサバイバル競争は激化しているが、内田篤人(シャルケ)不在で右サイドバックの定位置争いは熾烈を極めている。

 イラク戦は酒井宏樹(ハノーファー)が3月のチュニジア戦(大分)以来の先発出場。最終ラインで落ち着いた守備を披露し、本田とのタテ関係もスムーズだった。久しぶりに彼らしいダイナミックな攻め上がりも見られ、前向きな印象を残したのは確かだ。

1 2 3

Comments

comments

新着記事

FChan TV

↑top