【現場記者の目】イランとのアウェイ決戦。宿敵相手に底上げなるか。チームの未来を占う一戦に

敵地アサディスタジアムで行われるイランとの親善試合。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、半数の選手を入れ替えることを示唆した。宿敵ともいえる相手とのアウェイ戦はチームの強化において格好の舞台。先発が予想される宇佐美貴史や柴崎岳、武藤嘉紀は力を示すことができるだろうか。

2015年10月13日(Tue)10時23分配信

text by 元川悦子 photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

南野は途中出場でのデビューが有力

【現場記者の目】イランとのアウェイ決戦。宿敵相手に底上げなるか。チームの未来を占う一戦に
ヴァイッド・ハリルホジッチ監督【写真:Getty Images】

「イラン戦では何人かの選手を代えることになる。おそらく50%の変更と思って間違いない。選手の可能性を探るためにも、この試合を有効活用したい。まだ若く経験を積んでいない選手がどんなプレーをするのか見てみたい。少しリスクはあるが、親善試合なので、それを実行したい」

 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が前日練習前のメディア対応でこう宣言した通り、13日にアザディスタジアムで行われるイラン戦で、日本は大胆なメンバー変更に打って出ることになった。

 今回は交代枠6人。前半劣勢に立たされたとしても、後半から主力を送り出して修正を図ることも可能だ。そう考えるとスタメンを5人程度入れ替えてくるのではないか。

 先発入りが有力視されるのは、右サイドバックの塩谷司(広島)、センターバックの森重真人(FC東京)、ボランチ・柴崎岳(鹿島)、左FW宇佐美貴史(G大阪)と1トップの武藤嘉紀(マインツ)。イラン戦が代表デビュー戦となる南野拓実(ザルツブルク)は途中出場の可能性が高そうだ。

 清武弘嗣(ハノーファー)や柏木陽介(浦和)ら実績ある選手たちもいて、出番を虎視眈々と伺っているだけに、今回は非常にフレッシュな日本が見られそうだ。

1 2 3

新着記事

↑top