究極のゴールハンター・佐藤寿人が明かす。育成年代のストライカーたちに捧げる得点を奪うための思考法とは?

2016年05月31日(Tue)17時09分配信

text by 小澤一郎 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , ,

相手の予想を上回るアクションを起こし続ける

 この本は佐藤寿人がストライカー(ゴールハンター)としてのプロ精神を詰め込み、「テクニックの活かし方」たる思考法を伝授してくれる。例えば、本の中には2015年6月20日に達成したJ1・J2通算200得点のゴール分析があり、ゴールを決めたポイントとキック種類の分布が出ている。本人に聞いたわけではないが、間違いなく佐藤寿人はこの200得点全てにおいて「ここからシュートを打った理由」と「このキックを選択した理由」を説明できるはずだ。

 本の中で特に興味深かったのは、普段の試合から佐藤寿人が「相手DFやGKを上回る」ことを重点的に考えていること。サッカーは「相手ありき」のスポーツでもあり、佐藤寿人を止めるためにマークにつくDFも相手GKも彼がシュートを打つ局面では「予測」に基づいたアクションを起こしてくる。試合の中で佐藤寿人は頭をフル回転させながら、相手のアクションを上回るリアクションを考え続け、相手の予想を上回り続けているのだ。

 どれだけ正確で強烈なキックを持っていても、サッカーや局面の理解に乏しく、2手、3手先を読んだ動きとプレーができなければ、相手に読まれてシュートの場面まで辿りつけないのがサッカーというスポーツの難しさであり面白さだ。だから、佐藤寿人は本の最後に「とにかくたくさんサッカーを見てほしい」という言葉も残している。ただし、「ストライカーとして学ぶならばゴールダイジェストを見ることで多くのことを学べます」という彼の言葉には全面同意できない。

 あなたが選手で本当に上手くなりたいのであれば、ストライカーでもっとゴールを奪いたいのであれば、ダイジェストやテレビではなく、スタジアムから肉眼で佐藤寿人のようなオフ・ザ・ボールの動きの質が高いストライカーの90分を通した継続的な動きと駆け引きを見たほうがいい。

【了】

ゴールハンターバイブル140

『ゴールハンターバイブル 得点を奪うための最強理論と38のメソッド【DVD付】』
定価1728円

【目次】
第1章 ゴールを奪うための大前提となる基本原則
第2章 勝敗を決めるオフ・ザ・ボールの動き
第3章 相手の想像を超えるクリエイティブなゴール
第4章 ストライカーに必要なメンタル力
BEST GOAL PLAY BACK など

詳細はこちらから

1 2 3

新着記事

FChan TV

↑top