フットボールチャンネル

日本代表 8年前

ジーコJのブラジル式4-4-2。“進歩しない”代表。フラットラインの破棄と1人余る守備【西部の4-4-2戦術アナライズ】

シリーズ:西部の4-4-2戦術アナライズ text by 西部謙司 photo by Getty Images

突発的にしか力を発揮できず

 例えばレアル・マドリー、マンチェスター・ユナイテッド、あるいはブラジル代表……個の能力で優れているこれらのチームは、すでに強いので進歩する必要がないチャンピオンチームだ。持っている能力を発揮し、連係も良ければ、問題なくたいていの相手には勝ててしまう。無理に進歩的な戦術を採り入れなければならない理由はなく、自分たち以外の何者かを目指すこともない。

 では、当時の日本代表はチャンピオンチームだっただろうか。ジーコ監督の日本は、いくつか素晴らしい内容の試合をしている。ブラジル、イングランド、ドイツに引き分け、チェコや欧州王者だったギリシャに勝っている。一方、それ以上に多くの内容に乏しい試合もあった。

 良いときの日本は、チャンピオンとはいわないまでも強豪国を相手に一歩も引かずに戦える力を発揮した。ところが格下相手に手こずる試合も多く、全体的にはほとんど進歩がないまま4年を経過。突発的に力を発揮するが、決して右肩上がりにはならない。もともと本日只今の最高値を出すことに特化していて明日は考えていない。

 とはいえ、経験を積んで連係を深めることで少しずつ進歩はするはずだった。しかし、そうはならなかった。戦術以前に、チーム作りに重大な問題があったからだ。無理をしていないはずなのに、実は当時の日本にはかなり無理なやり方をしていた。

(文:西部謙司)

【了】

1 2 3 4

KANZENからのお知らせ

scroll top