海外組、出場率トップ5! 欧州5大リーグで最も試合に出場している日本人選手は?【編集部フォーカス】

2017年03月02日(Thu)7時19分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , ,

3位:日本のベッケンバウアー。キャプテンシーでチームを牽引

長谷部誠
フランクフルトの長谷部誠【写真:Getty Images】

■3位:長谷部誠(フランクフルト)

〔リーグ戦総出場時間〕1733分(全1980分)
〔出場率〕87.5%
※ブンデスリーガ第22節時点

 日本代表でもキャプテンマークを巻き、チームを牽引する長谷部誠。2008年1月に浦和からドイツに渡って8年目を迎え、フランクフルトでの3シーズン目を戦っている。第22節では“後輩”原口元気が所属するヘルタ・ベルリンとの試合ではキャプテンマークを巻くなど、チーム内における信頼の高さをうかがわせる。

 今シーズンはチーム事情によって本職のボランチだけではなく、3バックの一角としてもプレー。そのプレーぶりにブルーノ・ヒュブナーSDは「日本のベッケンバウアー」と評した。

 昨年の12月にはクラブとの契約を2018年まで延長した長谷部のキャプテンシーや堅実なプレーは、フランクフルトでも欠かせないものとなっている。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top