FC東京・徳永悠平、ルヴァン杯で放ったいぶし銀の存在感。背番号変更に込められた思い

21歳以下の若手を1人以上先発で起用することが義務づけられた、YBCルヴァンカップが15日に開幕した。ホームにベガルタ仙台を迎えたグループリーグ初戦を6‐0で圧勝したFC東京は、リオデジャネイロ五輪の代表候補にも名前を連ねた20歳のDF小川諒也を「若手育成枠」で起用した。若手の登竜門としての位置づけがさらに濃くなった舞台で、いぶし銀の存在感を放った33歳のベテラン、DF徳永悠平の背番号の変更に込められた思いを追った。(取材・文・藤江直人)

2017年03月16日(Thu)12時09分配信

text by 藤江直人 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , ,

若手の登竜門としての位置づけが濃くなったルヴァン杯

FC東京のDF徳永悠平
FC東京のDF徳永悠平【写真:Getty Images】

 39人に対して31人――。15日に開幕した国内三大タイトルのひとつ、YBCルヴァンカップでベンチに入った21歳以下の選手と、そのなかで実際にピッチに立った選手の合計を比較した数字だ。

 この日はグループリーグの6試合が午後7時にいっせいにキックオフ。総勢216人の選手がベンチ入りを果たしたわけだから、約18.1パーセントを「21歳以下」の若手が占めたことになる。

 なかには公式戦デビューを果たした清水エスパルス戦の開始わずか3分にプロ初ゴールを決めて、柏レイソルを勝利に導いた20歳のMF手塚康平のような新星もいる。

 YBCルヴァンカップには今シーズンから、決勝戦を除いて21歳以下の若手、正確に言えば「1996年1月1日以降に生まれた選手」を1人以上、先発で起用することが義務づけられた。

 2020年の東京五輪をにらんだリーグとしての強化策であり、一方で大会開幕時に23歳以下で、準決勝までの間に最も活躍した選手に贈られる「ニューヒーロー賞」は今シーズンも継続される。

 若手の登竜門としての大会の位置づけがさらに濃くなったなかで、ベテランと呼ばれる選手たちも躍動している。たとえばオフにクラブ史上で最大となる補強を敢行したFC東京は、ホームの味の素スタジアムにベガルタ仙台を迎えた一戦で、33歳のDF徳永悠平と35歳のFW前田遼一を先発させた。

 すでに3試合を終えたJ1で、ともにベンチでキックオフのホイッスルを聞いている。ようやく巡ってきた公式戦初先発のチャンスで、ゴールに絡む渋い仕事をしっかりと完遂した。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top