【YOUはどうしてJリーグに?】FC東京を離れる豪州代表FWバーンズ、試練の2年間。心で通じた通訳との固い絆

Jリーグにおける外国籍選手といえば、ブラジル人や韓国人のイメージが強い。しかし、近年その傾向は弱まり、ヨーロッパからも多くの選手が日本でのプレーを選ぶようになった。彼らはどんな思いを胸にJリーグのピッチに立っているのだろうか。第4回は今月末をもってFC東京を退団するオーストラリア代表FWネイサン・バーンズが日本で過ごした2年間、そして共に過ごした通訳との固い絆に焦点を当てる(不定期連載です)。(取材・文:舩木渉)

2017年06月30日(Fri)12時16分配信

シリーズ:YOUはどうしてJリーグに?
text by 舩木渉 photo Getty Images, Wataru Funaki
Tags: , , , , ,

「自分を試す」ためだったJリーグ移籍

バーンズ
どんな時も紳士だったネイサン・バーンズ。惜しまれつつもFC東京を退団する【写真:舩木渉】

「悲しいけど、前に進む。これがフットボールであり、次のチャレンジを楽しみたい」

 FC東京の選手として過ごせる時間が残り1日となったネイサン・バーンズは、誰よりも冷静に自分が置かれた現実を理解していた。2017年6月30日に迎える契約満了とともに退団が決まり、一旦無所属の身となる。

 バーンズのFC東京加入が発表されたのは2015年7月8日のこと。オーストラリア・Aリーグの年間MVPという実績を引っ提げ、日本にやってきてからちょうど2年が経った。新天地にJリーグを選んだ理由は「アジアで最もレベルの高い日本に来たい」という単純明快なもの。

 オーストラリア代表としてもアジアカップ優勝を果たした直後で、「自分の力を試したかった」と日本行きを選んだ理由を語った。しかし、バーンズを待ち受けていた現実は予想以上に厳しかった。

 2015年のFC東京は過去最高に並ぶ年間4位という成績を残したが、シーズン途中の加入だったこともあってマッシモ・フィッカデンティ監督率いるチームの主力にはなりきれなかった。

 城福浩監督が就任した2016年、序盤戦こそ出番に恵まれなかったものの、4月以降はコンスタントに出場機会を得られるようになった。だが、チームの成績不振にともなう監督交代で篠田善之監督が就任してからはベンチ入りもままならなくなってしまう。

 そして迎えた2017年、バーンズはFC東京に残留して篠田監督の下で戦い続けることを選んだ。それでも指揮官の信頼はつかめず。結局今季のJ1リーグ戦の出場がないまま退団することとなった。

 なぜ自分に与えられるチャンスがわずかだとわかっていながら、日本の他のクラブや中国、韓国からのオファーを蹴って残留したのか。バーンズは明かす。

「自分の力を必要としてくれたFC東京と2年契約を結んだ。どんなオファーが来たとしても、その契約が残っているのにチームを離れるわけにはいかない。信頼を裏切るわけにはいかない。自分にはまだここでやるべきことがある。そう思ってFC東京に残った」

 たとえ厳しい立場でもクラブへの忠誠を貫き徹す。今季に懸ける彼なりの決意表明だったのかもしれない。FC東京でのJ1通算出場数は26試合だった。

1 2 3 4

新着記事

↑top