浦和FW高木俊幸、雌伏の時を経て復活。ACLでの劇的なゴール、大舞台で取り戻した自信

13日に行われたAFCチャンピオンズリーグ準々決勝の2ndレグ、浦和レッズ対川崎フロンターレは劇的な結末となった。勝利を決定づけるゴールを奪ったのは浦和の高木俊幸。今季は負傷もあって出場機会の少なかった男は、並々ならぬ思いを胸に臨んだ大舞台で最高の結果を残した。(取材・文:舩木渉)

2017年09月14日(Thu)15時00分配信

text by 舩木渉 photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

幸運が導いた劇的な決勝ゴール

高木俊幸
ACL準々決勝の2ndレグ、浦和レッズのFW高木俊幸は川崎フロンターレ相手に決勝ゴールを挙げた【写真:Getty Images】

 残り時間は4分とアディショナルタイムのみ。誰もが延長戦突入を覚悟していた。

 その時、一瞬でスタジアムの雰囲気が変わった。記者席でも多くのメディアが思わず立ち上がる。奇跡の逆転の瞬間だった。

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の準々決勝2ndレグが9月13日に行われた。浦和レッズはアウェイでの1stレグを1-3で落としており、逆転での準決勝進出は厳しい状況だった。2ndレグも川崎フロンターレに先制を許してしまう。

 アウェイゴールまで奪われて3点が必要になっても、浦和は諦めなかった。35分に興梠慎三が1点を返すと、直後の38分に川崎Fの車屋紳太郎が一発レッドカードで退場となり、数的有利に。後半は圧倒的にボールを支配して攻め続け、70分、84分とゴールネットを揺らし、2戦合計スコアで同点に持ち込んだ。

 誰もが延長戦を想定していただろう。お互いに交代枠を1つずつ残し、残り5分。1人少ない川崎Fは10人で守りきるしかない状態だった。そんな雰囲気を一変させたのは、浦和の背番号13だった。

 86分、ペナルティエリア手前のピッチ中央でボールを受けた森脇良太が、左サイドへロングパスを送る。それに反応して飛び出した高木俊幸が左足を出す。ループ気味になった“シュート”は、GKチョン・ソンリョンの頭を越えてゴールネットを揺らした。絶望的な3点差から奇跡の逆転を成し遂げた。

 しかし、試合を終えた高木はどうも歯切れが悪い。「アジアの舞台でようやく結果を出せましたけど、正直100%狙ったゴールではないんで、あまりこう…なんていうんですかね…喜んでいいと思うんですけど、まだ満足しちゃいけないなと思います」と語る。

 森脇からボールを受けた時、高木にはシュートという選択肢が「5%も頭の中になかった」という。その時は「完全に中に折り返すことを考えていた」。

 ペナルティエリア内がしっかり見えていて、2人のターゲットが確認できていた。森脇からのパスをダイレクトで折り返して、フリーになっていたズラタンが詰めればゴールになるイメージがあった。自身のゴールは、いわば「ラッキー」だった。

1 2 3

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top