香川真司、レアル戦は「最高のトライをしたい」。分水嶺に立つドルトムント

現地時間12月6日、UEFAチャンピオンズリーグ・グループステージ最終戦に臨むボルシア・ドルトムント。香川真司が所属するBVBの相手は2季連続の欧州王者となっているレアル・マドリー。グループ3位を確保すればELのノックアウトステージ出場を果たせる一戦だが、ドルトムントにとっては不振を抜け出すきっかけをつかみたい試合でもある。(取材・文:本田千尋【ドルトムント】)

2017年12月06日(Wed)12時12分配信

text by 本田千尋 photo Getty Images
Tags: , , , , ,

ドルトに芽生えたわずかな“希望”

ドルトムントのMF香川真司
ドルトムントのMF香川真司【写真:Getty Images】

 消化試合で終わらせるつもりはない。12月6日に行われるチャンピオンズリーグのグループH最終戦、サンティアゴ・ベルナベウに乗り込むボルシア・ドルトムント。対戦相手は、言わずと知れたレアル・マドリーだ。

 既にグループステージ敗退が決まっているBVB。だが、選手たちの闘志に衰えはない。

 アンドレ・シュールレは、レアル戦を「大きな挑戦」と位置付けた。

「僕たちは走らなければならない、闘わなければならない、1対1に勝たなければならない、決定機を作り出さなければならない。一歩一歩、穴の中から抜け出すためにね」

 2日に行われたブンデスリーガ第14節、対バイヤー・レバークーゼン戦を1-1のドローに終えたドルトムント。ついぞ10人になった相手に勝ち越すことは出来なかったため、前進したとは言い切れない。

 しかし、2戦連続で敗北を免れたのも事実。決して後退してはいない。土俵際で踏み止まっている。土壇場で繰り出した“新布陣”=わずかな希望が芽生えてもいる。

 香川真司は「流れ」を引き寄せるために戦うつもりだ。

「もちろんプレッシャーは、とてつもなく、勝てなければ勝てないほどありますけど、ただ本当にこれをいい方向に流れを持っていくのも、自分ら次第ですし、もちろんチームですけど、ただそれを先導を切って誰がやるんだっていうのは、その流れはやっぱり、引き寄せるのもやっぱり、ひとりひとりだと思っているんで、そのひとりひとりが、たくさん増えれば、自然と僕たちは勝てると思っているし、そのひとりになれるように、自分自身は前を向いて、レアル戦に臨みたいと思います」

1 2

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top