川崎Fへ移籍の大久保嘉人と齋藤学、それぞれの決断理由。覚悟と決意が加える新たな力

2018年01月22日(Mon)12時18分配信

text by 藤江直人 photo Naoto Fujie
Tags: , , , , , ,

四冠制覇を堂々と公言できるほどの攻撃陣に

昨シーズンの主力はそのまま残留。フロンターレは大きな期待を寄せられる陣容となった
昨シーズンの主力はそのまま残留。フロンターレは大きな期待を寄せられる陣容となった【写真:藤江直人】

 昨シーズンの主力が全員残留したフロンターレにおいて、ポジションは約束されていない。それでも「全部のタイトルを狙うのであれば、それぐらいのメンバーがいないと難しいと思う」と気にする素振りもない大久保は、個人的な目標としてJ1通算200ゴールをあげた。

「あと21点なのでね。今年中にいければいいかな。日本で誰でも達成していないからね。やっぱり歴史に名前を刻んでいきたいとずっと思っていたので」

 昨年9月に右ひざの前十字じん帯を損傷。全治まで8ヶ月と宣告されている齋藤は綾町でのキャンプには参加せず、独自にリハビリを続けてきた。ここにきて、早期復帰へ視界が良好になったと笑顔を浮かべる。

「普通ではないペースでリハビリを進めているけど、そこはメディカルチームとの話もある。ただ、8ヶ月もかけようとは思っていない。サッカー選手である以上は、タイミングとしては(ワールドカップ代表への)可能性を残せるくらいの時期に復帰しようと思っている」

 それでも懸命なリハビリの積み重ねで、早くもボールを使ったトレーニングを開始。23日には全体練習に合流し、27日から沖縄県内で始まる第2次キャンプにも参加する。

 一転して追われる者となったフロンターレにとって、現状では存在しない代表クラスのドリブラーが攻撃陣に加われば、新たな武器が搭載される分だけ相手に与える脅威が増す。

 昨シーズンでリーグ最多の71ゴールをあげた攻撃陣が、さらに化学反応を起こしてバージョンアップすれば、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)を含めた四冠制覇を堂々と公言できる。

「誰がAチームで、誰がBチームではなく、どの試合でも全員がAチームでいけるように。そこで出番が訪れたときに、チームに貢献していければ」

 齋藤を含めたチーム全員の熱い思いを、大久保が代弁した。批判は甘んじて受けるとばかりに、日本代表を経験した彼らが抱いてきた覚悟と決意が、新生フロンターレの最大の武器となる。

(取材・文:藤江直人)

【了】

1 2 3 4 5

新着記事

↑top