長友佑都、「一番大事な」チーム一丸を実感。自身の「役割はかなり増える」

2018年05月28日(Mon)21時37分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

長友佑都
長友佑都【写真:Getty Images】

 日本代表は28日、千葉県内で今月30日の国際親善試合・ガーナ戦に向けて練習を行った。長友佑都は、心身ともに良い状態であることをアピールし、ウイングバックにも手応えを感じているようだ。

 西野朗監督はロシアワールドカップに向けて、今回の合宿で3バックに取り組んでいる。新しい挑戦となる選手も少なくないが、長友はインテル時代に3バックのウイングバックを務めた時期があり、不安は感じていない。

 「コンディションはすごく良い状態にあります」と語る長友は、ウイングバックについて、「やることが相当ありすぎて、役割はかなり増える」と確信している。「守備の1対1に負けないことはもちろんですけど、攻撃もより前に行かなければいけない。あとはゲームをつくることもやっていかないといけない」とコメントした。

 さらに長友は、「一番難しいのは、守備のスイッチを入れるところ」だと語る。「相手のサイドバックに僕が行くのか、それともシャドーが出るのか。僕が出たら3バックの1人は絶対にスライドしなければいけない。その連動性がすごく難しい部分で、細かいコミュニケーション、意思疎通ができないと正直本当に難しい役割」で、「ウイングバックの状態でチームの状況が決まるんじゃないかなというくらいに思っています」と話した。

 長友はやりがいが「あります」と即答。「インテルでやったこともありますし、そのときはすごく良いシーズンを過ごせたというか、結果もある程度残せたし。個人的にはポジティブな過去がある」と自信を持っている。

 理想はシャドーの選手を前に残したまま守ることだが、当然ウイングバックが下がって5バック気味になることも想定している。

 長友は「このシステムの一番の強みって、僕自身は相手に来させて、相手に楔を入れさせて、そこで取ってショートカウンターだったり…」と分析。「ユベントスもそうですけど、がっちり引いてブロックを作って、そこから奪ったときに縦に速く、というか。そういう良い部分もあると感じる」と話した。

 ワールドカップ直前の3バック挑戦だが、長友は「個人的にも監督交代は何度も経験してきました。良い状態でチームをつくっていても、ブラジル(ワールドカップ)のときみたいに結局結果が出なかったり、逆に南アフリカ(ワールドカップ)のときは悪い状態で入って…。ただ、1試合で状況が一変した。サッカーは本当に分からない」とコメント。「一番大事なのはチームが一つで、ポジティブな雰囲気、選手もスタッフも含めて、そういう空気が流れているのが一番大事な部分だと思います」と語った。

 その雰囲気に不安はない。「ピッチ内だけじゃなく外でも常にフォーメーションのことは話せています。西野監督の戦術と考え方、プラス、中で戦っている選手たちが一つになって、良いコミュニケーションを取れている」と長友。「僕自身、そこまで不安というか、心配はないかなと。それがないというのは嘘になりますけど、ただ、すごく良い雰囲気と良い緊張感で。チーム状態がすごく良いので、楽しみではあります」と前向きに話した。

(取材:青木務、文・構成:編集部)

【了】

ハリル
ハリル氏「最悪の悪夢」。日本代表監督解任にショック隠せず
ヴァイッド・ハリルホジッチ日本代表前監督は27日、都内で記者会見を行った。
ハリル
ハリル氏、香川と本田に言及? W杯出場決めた豪州戦で出番なしに「2人の選手ががっかりしていた」
ロシアワールドカップ・アジア最終予選について語り始めたハリルホジッチ氏。オーストラリアに勝利し、本大会の出場権を獲得したハリルジャパン。この試合の後について同氏はこう話している。
ハリル
ハリル氏、槙野智章からのメッセージを明かす『JFAの決定に落胆』『コミュニケーションに問題なかった』
『選手たちとの信頼関係の薄れ』が解任の一因となったが、これについてハリルホジッチ氏は疑問を口にした。
ハリル
ハリルホジッチ解任記事まとめ
日本サッカー協会(JFA)は9日、日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督解任を発表した。これを受け、報じられたハリル氏や選手の反応をまとめた。

[block]8[/block]日本代表の記事をもっと読む

 

新着記事

↑top