「日本は自分たちのスタイルでチャンスを掴んだ」。コロンビア監督、敗戦に落胆【ロシアW杯】

2018年06月20日(Wed)0時31分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , ,

ホセ・ペケルマン
コロンビア代表のホセ・ペケルマン監督【写真:Getty Images】

【日本 2-1 コロンビア ロシアワールドカップ・グループリーグH組第1節】

 日本代表は19日、ロシアワールドカップ・グループリーグH組第1節の試合でコロンビア代表と対戦し、2-1で勝利を収めた。

 試合はキックオフからわずか3分で大きく動いた。MF香川真司の放ったシュートをコロンビアのMFカルロス・サンチェスが腕でブロックしたことで、主審は一発レッドカードとPKの判定。このPKを香川が決めて日本が先制するとともに、コロンビアは残り80分以上を10人で戦うことになった。

 コロンビア代表のホセ・ペケルマン監督は試合後の会見で、「通常は11対11で戦う。最初の3分で重要な選手を失ってしまった」とコメント。それでも39分に同点に追いついたことについて、「コロンビアは前半頑張った。生き残った」とチームの奮闘を強調した。

 前半のうちにMFフアン・クアドラードを下げて守備的なMFウィルマル・バリオスを投入した采配については、「香川は非常に強力なのでバリオスを入れて組織力を高めたかった」と説明。後半にはMFハメス・ロドリゲス、FWカルロス・バッカを投入しており、「入れた選手を見れば、守りに出ていないことが分かっただろう。日本を苦しめたかった」と話すように逆転を狙いに行く姿勢を見せた。

 だがその姿勢が奏功することはなく、決勝点を奪ったのは日本の方だった。「フレッシュな選手を入れたがポゼッションは上がらなかった。後半になって日本は自分たちのスタイルでうまくプレーし、そしてチャンスを掴んだ」と後半の戦いについて振り返った。

「良かった部分があるとすれば、重要な選手を失ったあとも同点にできたこと。次の試合で勝てるのではないか」とペケルマン監督。コロンビアは24日のグループリーグ第2節の試合ではポーランドと対戦する。

【了】

ワールドカップ
ワールドカップ日程・結果
ついに開幕! ワールドカップの日程・結果をチェック。
日本代表
日本代表特集
日本代表の最新ニュース・コラムをチェック。日本代表のワールドカップ試合日程やメンバーは?
旗
ワールドカップ出場国紹介
ワールドカップ出場国をチェック。各国の情報や注目選手、グループリーグの順位は?
美女
美女サポーター特集
ワールドカップ出場国の美女たちを紹介する。お気に入りの美女を見つけよう!

 

新着記事

FChan TV

↑top