遠藤航が描いたサッカー人生の未来予想図。念願の海外移籍、原点となった湘南での日々

今夏からベルギ−1部のシント=トロイデンへ移籍した遠藤航は、デビュー戦でさっそくゴールを奪い、チームを勝ち点1の獲得に導く活躍を披露した。一つの夢であった海外移籍を叶え、上々の滑り出しを見せられた背景には、彼が頭の中に描き、アップデートし続けてきたサッカー人生の未来予想図があった。(取材・文:藤江直人)

2018年08月08日(Wed)11時40分配信

text by 藤江直人 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , ,

22歳の遠藤航の頭の中

遠藤航
2015年、遠藤航は浦和レッズからの誘いを断って湘南ベルマーレの一員として戦った【写真:Getty Images】

 まだ湘南ベルマーレというチームも、チョウ・キジェ監督のもとで育まれていた「湘南スタイル」という戦い方も、ましてや自身の名前も市民権を得ていなかった2015年1月。22回目の誕生日を迎える直前の遠藤航は、サッカー人生の設計図を明確に描いていた。

「オリンピック本大会の前に、A代表には入りたい。今季のJ1で活躍すればそういうチャンスも出てくるはずだし、サッカー選手である以上は、A代表は目指すべき場所だと思っている。A代表へのこだわりを強く持つことを、個人的なモチベーションにしています。

 以前にJ1で戦った選手がA代表でプレーし、ブラジルワールドカップのメンバーにも入ったのを見ていると、A代表という存在に対して親近感が湧いてきたというか、さらに努力すれば手の届くところにあるんじゃないかと自分のなかで思えるようになってきたので」

 湘南ベルマーレユースに所属しながら2種登録された2010シーズンを含め、遠藤にとっては3度目のJ1を戦う直前に聞いた抱負だ。勝ち点101を獲得する異次元の強さでJ2を駆け抜けた2014シーズンのオフ。遠藤のもとは浦和レッズからオファーが届いていた。

 交渉の席にはミハイロ・ペトロヴィッチ監督(現北海道コンサドーレ札幌監督)も出馬。最終ラインの一角ではなく、リオデジャネイロ五輪出場を目指すU-22日本代表で務めていたボランチで起用したいと口説かれた。しかし、熟慮した末に遠藤は断りを入れている。

「J1昇格やJ2降格をともに経験した仲間たちと、もう一度J1で一緒にプレーしたいという気持ちが自分のなかにあった。一番の決め手はそこでしたね」

1 2 3 4

Comments

comments

新着記事

FChan TV

↑top