香川真司と南野拓実はどう違う? 新生日本代表“ミラクル3”とロシアW杯主力の違いを考える

森保一監督の初陣となった9月のコスタリカ戦。この試合で存在感を示したのが中島翔哉、南野拓実、堂安律だった。ロシアワールドカップで2列目を主に担った香川真司、乾貴士、原口元気の3人とはどのように違うのか。その特徴を整理する。(文:河治良幸)

2018年10月09日(Tue)11時30分配信

text by 河治良幸 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , ,

指揮官も手応え。躍動した新戦力

日本代表
コスタリカ戦で躍動した南野拓実(左)、堂安律(中央)、中島翔哉(右)【写真:Getty Images】

 森保一監督が率いる日本代表は10月12日に新潟でパナマ代表と、16日に埼玉でウルグアイ代表と対戦する。いろいろな注目ポイントがあるが、森保ジャパンの“初陣”となったコスタリカ戦で躍動した中島翔哉、南野拓実、堂安律の3人がさらに存在感を高められるかどうかに期待がかかる。

 ロシアW杯で主力を担ったメンバーから2列目の選手では原口元気が復帰したが、足首に怪我を抱える香川真司はもちろん、スペインリーグでコンスタントに出場機会を得ている乾貴士も招集メンバーに入らなかった。

 今回、さらに11月の2試合を経て最初の本番となる来年1月のアジアカップに臨むため、まだ段階的に選手をチェックしている状況ではあるが、コスタリカ戦で組んだ中島、南野、堂安のセットに指揮官がそれなりの手応えを掴んでいるのは確かだろう。

 今回は彼ら3人の他にロシア組の原口、さらにコスタリカ戦で途中出場からゴールを決めた快速サイドアタッカーの伊東純也もいるが、3人の特徴を改めて整理し、ロシアW杯の主力との違いを考えたい。

1 2 3

Comments

comments

新着記事

FChan TV

↑top