柏、C大阪に快勝もJ2降格が決定。神戸は残留。PO圏は最後まで大混戦

2018年11月24日(Sat)16時08分配信

photo Getty Images for DAZN
Tags: , , , , , , , , , , ,

柏レイソル
柏レイソルはJ2降格が決定【写真:Getty Images for DAZN】

 明治安田生命J1リーグ第33節の全9試合が24日に各地で行われた。今節の試合の結果、下位では17位柏レイソルの来季J2降格が決定した。

 最下位のV・ファーレン長崎はすでにJ2降格が決定済み。勝ち点33で17位の柏レイソルも降格の危機に瀕し、その上では勝ち点37で並ぶ3チームがプレーオフ回避に向けた接戦を繰り広げる状況だった。

 アウェイでセレッソ大阪と対戦した柏は前半をスコアレスで折り返したが、53分に中山雄太が強烈なミドルシュートを決めて先制。さらに江坂任とクリスティアーノがゴールを加えて3-0で白星を手にした。

 柏が勝利を収めた場合、その上の3チームのうち少なくとも1チームが勝利を逃せば残留に望みを繋ぐことができた。だが14位の湘南ベルマーレは浦和レッズに、15位のサガン鳥栖は横浜F・マリノスに、16位の名古屋グランパスはサンフレッチェ広島にいずれも2-1で勝利を収めた。

 この結果、柏は17位での来季J2降格が決定。勝ち点40で並ぶ湘南、鳥栖、名古屋と、勝ち点41のジュビロ磐田、横浜FMに16位でのプレーオフ出場の可能性が残った。ただし、名古屋と湘南が直接対決を戦う関係で、得失点差で両チームを大きく上回る横浜FMは最終節でよほどの大敗を喫しない限りは残留となる。

 清水エスパルスと3-3で引き分けたヴィッセル神戸はプレーオフを回避して残留することが確定した。最終節は名古屋と湘南の直接対決のほか、鳥栖はアウェイで鹿島アントラーズと、磐田はアウェイで川崎フロンターレと、横浜FMはホームでC大阪と対戦する。

【了】

Comments

comments

新着記事

FChan TV

↑top