「何十年とミシャ監督がいるわけじゃない」。札幌・野々村社長が語る次世代へのクラブ運営【インタビュー】

ミハイロ・ペドロヴィッチ監督を招聘して4位でシーズンを終えた北海道コンサドーレ札幌。11/6 発売の『フットボール批評issue22』では世界基準や欧州基準で物事を考える視野に注目し、現状の流れを踏まえ、札幌・野々村芳和社長に10年後のJリーグと札幌をテーマに話を聞いた。一部を抜粋して公開する。(取材・文:植田路生)

2018年12月05日(Wed)10時00分配信

text by 植田路生 photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

魅力的なリーグになるために目指すべき次のフェーズとは?

北海道コンサドーレ札幌
2018シーズンのJ1リーグを4位で終えた北海道コンサドーレ札幌【写真:Getty Images】

── Jリーグの次のフェーズとしては、ピッチ内だけじゃなくピッチ外のスタッフですね。

「そう。クラブ経営者含めて能力のあるマネジメント系人材をどう活かしていくかというフェーズに日本はまだない。ヨーロッパだとやり手のディレクターが億単位の金でクラブを移る。日本でもGMのような責任ある役職には数千万レベルでの高額年俸を提示できるようにならないと。そこはかなり重要」

── 今よりもピッチ内外のレベルを高めていかないと、才能ある選手の海外移籍はやむを得ないということでしょうか?

「Jリーグがヨーロッパと並ぶレベルになることを目指すにしても、その移行期間はやむを得ない。レベルの高いところに選手が移るのは当たり前だから。当面目指すべきは、例えば20歳でヨーロッパの5大リーグではないリーグに出て行くような選手を、22歳ぐらいまでJリーグに留める。選手としても伸びるし、収入もいいと思わせる。Jリーグは次の段階としてそのレベルにしっかりならないといけない。

 最終的にヨーロッパに追いつくには20年、30年かかるかもしれない。でも、それを5年、10年でやる人が出てきてもいいと思う。個人的にはそれぐらいのつもりでやらないとダメかなと。これは、クラブやリーグ全体の売上など経済的な話。魅力的なリーグだから放映権が多方面に高く売れて、各クラブにそれが還元されて、クオリティの高い選手が来る、という循環」

1 2 3

Comments

comments

新着記事

FChan TV

↑top