アジアカップ、ベスト16で対戦のサウジアラビアとは。日本にとっては案外楽な相手? その理由は

日本代表は17日、AFCアジアカップ2019・グループリーグ第3節でウズベキスタン代表と対戦し、2-1の勝利を収めている。この結果、日本はグループ首位通過を決め、ベスト16ではサウジアラビア代表と対戦することになった。言わずと知れた中東の雄はロシアW杯にも出場した強豪国だ。しかし日本にとっては、案外楽な相手なのかもしれない。(取材・文:河治良幸【UAE】)

2019年01月18日(Fri)12時30分配信

text by 河治良幸 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , ,

ベスト16の対戦相手はサウジアラビア

20190118_pizzi_getty
サウジアラビア代表を率いるファン・アントニオ・ピッツィ監督【写真:Getty Images】

 グループリーグの全日程が終了したAFCアジアカップ2019。森保一監督が率いる日本代表は3連勝でグループFを首位突破。決勝トーナメントの1回戦(ラウンド16)はシャルジャでサウジアラビアと対戦することになった。

 前回まで16カ国が参加で8カ国が決勝トーナメントに進むレギュレーションだったが、今回は24カ国を6組に分け、各組の1位と2位に加えて3位の上位4カ国も決勝トーナメントに進める。

 結果的にバーレーン、ベトナム、シリア、オマーンが勝ち上がったが、F組の日本は1位でE組2位、2位でB組1位と対戦することが決まっていた。つまりラウンド16で優勝も狙える強豪と対戦することは宿命づけられていたわけだ。

 サウジアラビアは言わずと知れた中東の雄で、ロシアW杯の最終予選でも対戦した。当時はオランダ人のファン・マルヴァイクが率いていたが、予選突破後に退任したため、W杯まで数ヶ月というタイミングでアルゼンチン人のピッツィが率いることになった。ピッツィは2016年にチリ代表を率いてコパ・アメリカ・センテナリオ優勝を果たしたが、南米予選で終盤に失速して敗退してしまった。

 その後、2人の監督交代を経てピッツィに白羽の矢が立った。ピッツィはボールを動かしながら人も連動していく攻撃的なスタイルを植え付けようとするが、なかなか浸透しないまま迎えたロシアW杯で開催国相手に惨敗を喫してしまった。そこからウルグアイには守備を固めて善戦するが敗れた。

1 2 3

新着記事

FChan TV

↑top