たった30分の準備で完全攻略。カタールが仕掛けた「日本代表対策」の全ぼう

AFCアジアカップ2019が終わった。日本は決勝戦でカタールに完敗。なぜこれほどまで完璧にやられたのか。カタールはどのように日本対策をしたのか。(取材・文:植田路生【UAE】)

2019年02月02日(Sat)10時50分配信

text by 植田路生 photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

日本対策ができたのはわずか30分

190202_qatar_getty
カタール代表が日本対策に費やした時間は30分【写真:Getty Images】

 まさにこれこそ完敗と言うべき内容だった。

 日本代表はカタール代表の術中にはまり、AFCアジアカップ2019の優勝を逃した。後半は押し込む時間帯もあったものの崩しきれず、一方で前半はほぼ何もできなかった。日本はなぜ敗れたのか。時計の針を少し戻したい。

 現地時間29日、カタールはUAEと準決勝を戦っていた。4-0と快勝し、日本が待つ決勝へと駒を進めた。30日、カタールは完全オフ。決勝戦は1日なので、カタールに残された準備期間は31日、その1日しかなかった。

 現地時間31日、カタールは90分間練習した。ウォームアップ、ランニング、ダッシュ、ボール回し、シュート練習。これだけで60分近くが経過した。残された時間はたった30分。ようやくゲーム形式の練習で森保ジャパン対策が始まった。

 チームを主力組と控え組に分ける。控え組は日本代表の動きを完全トレース。この「仮想日本」に主力組が挑むという構図だ。普通のゲームと違うのは何人ものコーチがピッチ内に入り、すぐにプレーを止める。その都度ポジショニングの指示を出していた。

 カタールは4バックと3バックの2つのフォーメーションを使いこなすチームだが、この日、主力組は3バックでしかプレーしていない。つまり、事前のスカウティングで「日本代表には3バックが有効」との分析が済んでいたということだ。

 わずか30分。だが、その成果は前半如実にあらわれる。

1 2 3

新着記事

FChan TV

↑top