香川真司、鈴木武蔵、鎌田大地らをどう生かすか? ポスト大迫探しではない森保監督の意図を読む

日本代表に香川真司が復帰し、前線では鈴木武蔵と鎌田大地が初選出された。不動のセンターFWといえる大迫勇也は負傷離脱中であり、コパ・アメリカの参戦も困難な状況となっている。周囲は「ポスト大迫探し」を求めているが、森保一監督は異なる視点で課題を解決しようとしている。(取材・文:河治良幸)

2019年03月15日(Fri)11時42分配信

text by 河治良幸 photo Getty Images,Wataru Funaki
Tags: , , , , , , , ,

“大迫タイプ”にこだわった選考をしない

森保一
日本代表を率いる森保一監督【写真:舩木渉】

 森保一監督はコロンビア戦、ボリビア戦に臨む23人のメンバーを発表。アジアカップから13人の選手を入れ替え、そのうち4人が初選出となった。

 FWはアジアカップ後も怪我の影響でブレーメンでの欠場が続く大迫勇也が外れ、札幌でJリーグ開幕から3試合3得点の鈴木武蔵とベルギーのシント=トロイデンで12得点を記録している鎌田大地が初選出された。

 もっとも鎌田は基本的にセカンドトップの位置からチャンスの起点を作り、タイミングを見てミドルシュートやクロスに飛び込んで合わせるタイプであるため、メンバー構成的には1トップの選手が鈴木のみで、メンバーリストではMFの南野拓実が必要に応じて、そのポジションを担う可能性が高い。

 そもそも185cmの鈴木も相手のディフェンスを背負いながらボールをおさめ、味方のために時間とスペースを作るような典型的なポストプレーヤーではない。ディフェンスの裏を狙いながら来たボールを迫力ある競り合いで味方に落とすようなフィニッシュに直結するアシストはできるが、その前の攻撃を引き出すところで大迫と同じような仕事は期待できないし、するべきではない。

「大迫頼みの攻撃の戦術というところは私も質問を受け、色んなところで見聞きしている。彼が日本代表にとって非常に重要な選手であることは、これまでの活動の中で彼が示している通り、チームの戦いの通り間違いない。ただ、これは大迫だけじゃなく、誰が抜けてもその時のメンバー、出ている選手でベストな戦いをすることを常に考えていきたい」

 会見でそう語った森保監督だが今回は“大迫タイプ”にこだわった選考をしないことで、逆に別の解決策を探ろうとしているかもしれない。

1 2 3

新着記事

FChan TV

↑top