長谷部誠、35歳の飛躍。自らはどう感じたのか? 枯渇する事なき意欲と晴れやかな表情

2019年05月20日(Mon)11時30分配信

text by 本田千尋 photo Getty Images
Tags: , , , , ,

晴れやかだった長谷部の表情

長谷部誠
試合後の長谷部誠の表情はどこか晴れやかだった【写真:Getty Images】

 しかし、自分のプレーが上手く行かないことの要因を「周りの選手との兼ね合い」に見出しつつも、「周りの選手を」責めるのではなく、チームを助けるために自己の改善を図ろうとするところは、長谷部誠というサッカー選手の骨子なのかもしれない。

 そして35歳にして「まだまだ」と言う。「一年を振り返れば非常に充実していた」と語る長谷部。「成長を感じている」からこそ、その意欲が枯渇することはないようだ。

「一年を振り返れば非常に充実していたし、良い時もそうでない時も両方ありましたけど、でもこの歳になって充実して、ELとかこういうリーグ、舞台、場所でやれるっていうのは幸せなことですし。そしてプレーするだけではなくて、自分の成長も感じています。

 そういう部分で言えば、良いシーズンを送った次のシーズンは非常に難しいのであれですけど、また来シーズンに対するモチベーションっていうのも、しっかり休んでから考えていきたいと思います。10何年ぶりに日本代表の活動がないオフに入れるので、まあそれはそれで、これだけ戦ったので、ちょっとゆっくりしたいな、と思います」

「これだけ戦った」——。そう言い切れるからこそ、バイエルンとの最終戦を終えた後の長谷部の表情は、どこか晴れやかだったのかもしれない。
 
(取材・文:本田千尋【ミュンヘン】)

【了】

1 2 3 4

新着記事

↑top