日本代表メンバーに推薦したい5人のJリーガー。10月のアジア2次予選で見てみたい実力者たち 【編集部フォーカス】

2019年10月03日(Thu)7時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , ,

最終ラインのドリブラー

1003yamane_getty
湘南ベルマーレの山根視来【写真:Getty Images】

DF:山根視来(湘南ベルマーレ)
生年月日:1993年12月12日(25歳)
身長/体重:178cm/72kg
今季リーグ戦成績:26試合出場2得点1アシスト

 上背はないものの、スピードとドリブルを武器にしている山根視来は、最終ラインからのドリブル突破からチャンスを作る。誤審に揺れた浦和戦での決勝ゴール、昨季の鹿島戦でのアディショナルタイムの決勝ゴールなど、土壇場でゴールを決めることのできる選手でもある。

 今や湘南ベルマーレ不動の右CBを務める山根だが、桐蔭横浜大学を経て加入した湘南1年目のリーグ戦出場はゼロだった。そこで2年目のプレシーズンに、曹貴裁監督がサイドアタッカーから最終ラインへとコンバート。すると、これが功を奏し、今ではチームに欠かせない存在へと成長した。

 格下相手となるアジア2次予選では、最終ラインの攻撃面での貢献が必要となる。日本代表が3バックを採用するのであれば、山根を入れても面白いだろう。

【了】

1 2 3 4 5

新着記事

↑top