J1新加入期待の外国人選手5人(1)。現役ノルウェー代表に元U-20ポルトガル代表FWも来日!

今季のJリーグが間もなく開幕する。どのチームも戦力補強に余念がなく、多くの選手が新天地を求めた。そして、日本に活躍の場を移した外国人選手も多い。それぞれのチームで彼らはどのようなパフォーマンスを見せるだろうか。今回フットボールチャンネルでは、J1クラブに加入した新たな外国人選手を5人紹介する。

2020年02月06日(Thu)7時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , ,

ノルウェー代表FW

タリク・エルユヌシ
【写真:Getty Images】

FW:タリク・エルユヌシ(ノルウェー代表)
生年月日:1988年2月23日(30歳)
移籍先:AIKソルナ(スウェーデン)→湘南ベルマーレ

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】

 湘南ベルマーレの新エースとして期待されている30歳のFW。2005年に母国のフレドリクスタでプロデビューを果たした同選手は、その後ヘーレンフェーン、リールストロム、ローゼンボリなどでプレー。2013/14シーズンからはホッフェンハイムに所属しており、2015/16シーズンまで在籍するなど欧州トップリーグでの経験も培った。その後に移籍したオリンピアコスではヨーロッパリーグ(EL)にも出場。昨季はAIKソルナでリーグ戦28試合11得点1アシストの成績を収めていた。さらに、ノルウェー代表としてEURO2020(欧州選手権)予選にも出場。レアル・ソシエダ所属のマルティン・ウーデゴーアなどと共にプレーしている。

 タリク・エルユヌシは身長172cm、体重62kgと大柄なタイプではない。しかし、ゴール前に飛び込む一瞬のスピードと相手に簡単に当たり負けしないボディバランスを持っている。また、CFのみならず左右のウィング、トップ下、サイドハーフと攻撃的なポジションであればどこでもプレーできるという万能な選手だ。前線から激しくボールを奪いに行く姿勢も目立ち、このあたりは湘南のスタイルに合うと見ていいだろう。

 今月で31歳となるなど、決して年齢的には若くない。しかし、ノルウェー代表やブンデスリーガなどで培った豊富な経験値は、湘南にとってピッチ内外で頼もしいものとなるだろう。新天地での背番号は11と期待値の高さも明らか。湘南の絶対的FWであった山﨑凌吾が抜けた今こそ、この男の活躍は重要となってきそうだ。

【次ページ】大型FWが北の大地へ

1 2 3 4 5

新着記事

↑top