マリノス、4発快勝で2戦2勝。オナイウ阿道&仲川輝人各2発でシドニー撃破【ACL】

2020年02月19日(Wed)21時21分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , ,

横浜F・マリノス
【写真:Getty Images】

【横浜F・マリノス 4-0 シドニーFC ACL第2節】

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループリーグH組第2節の横浜F・マリノス対シドニーFC戦が19日に行われ、ホームの横浜FMが4-0で勝利を収めた。

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 J1王者としてACLに臨んだ横浜FMは、先週行われた初戦で韓国王者全北現代とのアウェイゲームに2-1の勝利を収めて好発進。ホームにオーストラリア王者を迎えて連勝を狙う。

 横浜FMの先発メンバーは先週の試合から変化なし。序盤からボールを支配して良い形で試合に入り、前半12分には順調に先制点を奪うことに成功した。エリア手前でボールを拾ったオナイウ阿道が左足シュートを放つと、シドニーDFに当たってコースを変えたボールがゴールネット左に収まった。

 その後も優位に試合を進めた横浜FMは31分にリードを広げる。オナイウが縦パスを収めて裏へ出したボールに仲川輝人が反応し、GKとの1対1の形からボールを浮かせてのループシュートでネットを揺らした。

 さらにそのわずか2分後には3点目のゴール。ティーラトンからの鋭いパスがシドニーの守備を無力化し、エリア内左側で受けた仲川が左足シュートで自身2点目を蹴り込んだ。

 後半立ち上がりの51分にも、遠藤渓太のヒールパスで抜け出したマルコス・ジュニオールからのクロスに合わせたオナイウが先制点に続いてのゴールを記録。それ以上のゴールこそ生まれなかったものの、横浜FMが快勝で勝ち点を6に伸ばした。

【得点者】
12分 1-0 オナイウ阿道(横浜FM)
31分 2-0 仲川輝人(横浜FM)
33分 3-0 仲川輝人(横浜FM)
51分 4-0 オナイウ阿道(横浜FM)


【グループリーグ順位表はこちら】

【了】

新着記事

↑top