川崎フロンターレ、5年間の歴代フォーメーション。塗り替えたクラブの歴史。手に入れたJ1連覇&ルヴァン杯制覇という財産

Jリーグの各クラブは、毎年メンバーを変えながらシーズンを戦っている。5年前と比べると、ほとんどのチームでメンバーの大半が入れ替わっていることがわかる。今回、フットボールチャンネルでは、川崎フロンターレの過去5年間の主要メンバーや基本システムをシーズンごとに紹介していく。

2020年03月23日(Mon)7時10分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , ,

大久保嘉人が爆発も…(2015年)

川崎フロンターレ
川崎フロンターレ、2015シーズンの基本フォーメーション(黄色は新加入選手)

【シーズン成績】
明治安田生命J1リーグ:6位(1st:5位/2nd:7位)
ヤマザキナビスコカップ:グループリーグ敗退
天皇杯:4回戦敗退


【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 風間八宏監督体制の4年目。タイトル獲得を目指した川崎フロンターレは、オフ期間にDF角田誠、FW船山貴之、FW杉本健勇、DFエウシーニョらを新戦力に加えた。また、DF板倉滉やMF三好康児がユースから昇格したのもこの年のことであった。

 横浜F・マリノスとの「神奈川ダービー」を制してスタートした2015シーズン。川崎Fはリーグ戦開幕7試合でわずか1敗と好スタートを切っていた。同7試合で複数得点を記録したのはなんと5回。風間監督の下で培ってきた「攻撃的なサッカー」が序盤からその威力を発揮していたと言える。

 しかし、チームは第8節の柏レイソル戦(1-4)から3連敗を喫するなど急失速。最後は3連勝で締めたものの、タイトル獲得には少し遠い5位で1stステージを終えている。

 そして巻き返しを狙った2ndステージでも、川崎Fは苦戦を強いられる。最大の痛手は攻撃の要とも言えたFWレナトの広州富力への移籍だろう。主力を引き抜かれた同チームは攻撃陣の歯車が噛み合わなくなり、リーグ戦4試合連続未勝利なども経験。2ndステージは7位で総合順位は6位、ヤマザキナビスコカップはグループリーグ敗退、天皇杯も4回戦で敗退とこの年も無冠に終わった。

 FW大久保嘉人が史上初となる3季連続得点王に輝くなど、攻撃力の高さは明らかだった。しかし、守備面の課題が多く残されたのも事実。カウンターで簡単にゴールを割られることも多く、大事な試合で勝ち切れないことが目立った。結果論にはなってしまうが、タイトル獲得に向けたチームとしての完成度は物足りなかったと言えるかもしれない。

▽GK
新井章太

▽DF
谷口彰悟
武岡優斗
小宮山尊信

▽MF
大島僚太
中村憲剛
エウシーニョ
中野嘉大
小林悠
田坂祐介

▽FW
大久保嘉人

1 2 3 4 5

新着記事

↑top