東京ヴェルディ、歴代最強外国籍選手5人。ビスマルクにエジムンド…伝説的ブラジル人の系譜

1993年に開幕したJリーグは、今年で28年目を迎えた。その間、世界的なスター選手や素晴らしい素質を持った外国籍選手たちが活躍している。今回、フットボールチャンネルでは、東京ヴェルディ(ヴェルディ川崎時代も含む)で活躍した外国籍選手を5人紹介する。

2020年04月22日(Wed)7時50分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , ,

ヴェルディの黄金期をけん引

Verdy_1993
1993シーズンの基本先発メンバー

ビスマルク(元ブラジル代表)

生年月日:1969年9月17日(50歳)
在籍期間:1993年〜1996年
J通算成績:283試合出場/69得点


【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 ブラジル代表として1990年イタリアワールドカップにも出場した名手は、Jリーグ元年の1993年途中にヴェルディ川崎(当時)の一員となった。初年度から存在感を発揮してチームのJリーグ初代王座獲得に貢献すると、1994年はリーグ戦14得点で連覇の立役者に。

 ヴェルディには4年間在籍し、2連覇のみならず1994年と1995年にJリーグベストイレブンも獲得。リーグ戦で137試合に出場して、三浦知良や武田修宏らに絶好のチャンスを供給し続けた。1997年からは鹿島アントラーズに活躍の場を移し、2003年のヴィッセル神戸時代も含めてJリーグ通算283試合出場という偉大な記録を残している。Jリーグ草創期をけん引した功績を評価されて、2005年には功労選手賞も受賞した。

●1993シーズンの基本先発メンバー

▽GK
菊池新吉

▽DF
石川康
ペレイラ
ロッサム
中村忠

▽MF
北澤豪
柱谷哲二
ラモス瑠偉
ビスマルク

▽FW
武田修宏
三浦知良

1 2 3 4 5

新着記事

↑top