ヴィッセル神戸、歴代ガッカリ外国籍選手5人。イニエスタ憧れの名手にトルコの貴公子も…結果を残せなかった大物たち

2020年05月20日(Wed)7時10分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , ,

J通算233試合出場

0520vissel2006
2006年の基本先発メンバー

バロン(ブラジル出身)
生年月日:1974年1月19日(32歳)
在籍期間:2006年3月~同年7月
Jリーグ成績:10試合出場0得点

 ブラジルのインテルナシオナルなどでプレーしたバロンは1996年、当時JFLだったヴァンフォーレ甲府に加入して13得点をマークした。一旦はブラジルに戻ったが98年に甲府に復帰して31ゴールを挙げ、クラブの悲願となるJリーグ昇格に貢献している。

 その後はジェフユナイテッド市原、清水エスパルスなどで活躍した。05年はベガルタ仙台で14ゴールをマークしたが契約満了となり、06年3月にヴィッセル神戸と契約を結んだ。

 J2に降格した神戸はスチュワート・バクスター監督が9年ぶりに復帰。バロンは後半から起用される試合が多かったが、5月20日の徳島ヴォルティス戦を最後に欠場が続き、7月にアビスパ福岡に移籍した。Jリーグ通算233試合に出場したが、晩年にプレーした神戸では10試合無得点と、存在感を放つことはできなかった。

●2006年の基本先発メンバー

▽GK
荻晃太

▽DF
北本久仁衛
トーメ
柳川雅樹
坪内秀介

▽MF
田中英雄
丹羽竜平
朴康造
栗原圭介
三浦淳宏

▽FW
近藤祐介

【次ページ】U-23ブラジル代表

1 2 3 4 5

新着記事

↑top