仲川輝人「全員でサッカーをやれるのが一番気持ちいい」。王者マリノスが全体練習を再開

2020年06月01日(Mon)19時17分配信

photo Yokohama F.Marinos
Tags: , , , , , , , , ,

仲川輝人
【写真提供:横浜F・マリノス】

 横浜F・マリノスは1日、約2ヶ月ぶりにトップチームの全体練習を再開させた。

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、4月7日からトップチームの活動を停止していた。これまで自宅でのオンライントレーニングや個人トレーニングを軸に調整を続けてきた。

 クラブによれば、4月4日以来となる全体練習ではチームを2つのグループに分け、ストレッチやパス回しなどを中心に約1時間にわたって汗を流したという。冒頭では新加入の天野純と小池龍太がチームメイトやスタッフに向けて挨拶したとのこと。

 なお練習は一般および報道陣に対して非公開で行われ、選手間の距離を十分に確保したうえで接触プレーをともなう対人練習はなし。選手ごとに用意された個別の飲料ボトルを使用して水分補給するなど、新型コロナウイルス感染を防ぐための対策も実施された。

 約2ヶ月ぶりのチーム全体練習を終えたマリノスのFW仲川輝人は、オンラインでの取材に応じて「みんなの笑顔や元気な姿も見られたので、自分も楽しくサッカーができました」と笑顔を見せた。

「個別でも結構体力的にも厳しい、ハードな練習をしていて、ボールも多少使いながらやっていたので、フィーリングとしては全然悪くないです。やっとサッカーを全員でやれるという気持ちが一番いいというか、久しぶりのみんなでのサッカーだったので、たぶんみんな楽しくやっていたと思います。フィーリングだったり全体の雰囲気だったりは、すごくよかったです」

 チームでの活動ができない中でも、仲川は「自分の良くないところ、弱さを強さに変えていった」といい、自主的に追い込んで弱点の克服に努めてきたことを明かした。これからは徐々にコンディションを上げながら、7月4日に予定されているJ1リーグ再開の場でその成果を発揮するための準備を続けていく。

「チーム全体で質を高めていくのと、90分間以上戦える体力、フィジカル面を徐々に上げていくことが必要だと思います。チームとして盛り上げていくことが必要ですし、すぐに無理せず、徐々に上げていければいいかなとは個人的に思っているところですね」

 今季は厳しいスケジュールになるが、マリノスはそれでもJ1リーグ連覇を目指していく。その目標に一切のブレはない。仲川は「自分たちのアタッキングフットボールで皆さんを楽しませることが目標なので、そういったプレーを個人としてもチームとしてもやっていければいい」と約1ヶ月後に控えるリーグ戦再開に向けて意気込みも口にした。

(取材・文:舩木渉)

【了】

新着記事

↑top