CB

0612VanDijk_getty
【写真:Getty Images】

フィルジル・ファン・ダイク(リバプール/今季成績:29試合4得点)
マタイス・デリフト(ユベントス/今季成績:20試合2得点)

 ネーションズリーグとEURO予選の14試合中、消化試合となったエストニア戦でファン・ダイクが欠場した以外、すべての試合でファン・ダイクとデリフトがフルタイムでプレーしている。センターバックはこの2人以外は考えられない。

 ファン・ダイクはリバプールで昨季のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)優勝に大きく貢献し、この年のバロンドールではリオネル・メッシに次ぐ2位につけた。今季もクラブのプレミアリーグ初優勝にあと一歩のところまで導いている。

 デリフトも昨季のCLでセンセーショナルなゴールを決め、アヤックスの準決勝進出に貢献した。今季からプレーするユベントスではまだ絶対的な存在とは言えないが、近い将来に世界一のセンターバックになるだけのポテンシャルは備えている。

 ファン・ダイクとデリフトは、EURO予選とネーションズリーグを通じて5ゴールを挙げている。セットプレーでも脅威となる2人は、世界屈指のセンターバックコンビと言っていいだろう。

【次ページ】SB

1 2 3 4 5 6

新着記事

↑top