浦和レッズ、差別的発言や誹謗中傷についての声明を発表。「差別撲滅に向けて取り組み続ける」

2020年06月18日(Thu)21時27分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , ,

浦和レッズ
浦和レッズ

 J1の浦和レッズは18日、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を通しての差別的発言や誹謗中傷についての声明を発表した。クラブの公式サイトで伝えられている。

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 米国でアフリカ系アメリカ人の男性が警察官の不適切な拘束により、死亡させられた事件が発端となり、ブラック・ライヴズ・マターの抗議運動が広がっている。現在では米国のみならず、全世界に広がりサッカー界でも抗議運動が見られる。Jリーグでも、SNS上で外国人選手に対する差別的発言や所属選手に対する誹謗中傷が見られていた。

 浦和はクラブ公式サイトで「現在、世界各国において人種差別に関しての様々な反応やアクションが見られ、その影響はスポーツの世界にも波及しています。浦和レッズ、またJリーグを取り巻く環境においても、人種、肌の色、性別、言語、宗教、または出自などに関する差別的あるいは侮辱的な発言または行為はなくなっておりません」とJリーグにも見られる差別について述べた。

 そして浦和は「2020シーズンのJリーグ再開にあたり、改めて、浦和レッズとして、いかなる差別的、侮辱的な行為や言動、SNS等での発言を許さないことをここで断言します。そして、浦和レッズの理念、差別撲滅宣言、SDGsのビジョン、提携する国連の友アジア-パシフィックと共に策定した差別撲滅に向けたアクションプログラム(行動計画)に基づき、浦和レッズは継続して、差別撲滅に向けて取り組み続けていきます」と宣言した。

【了】

新着記事

↑top