マンチェスター・ユナイテッド歴代ユニフォーム。胸スポンサーの歴史、ベッカム、ロナウド、香川真司たちが着たのは…

2020年06月30日(Tue)9時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , ,

16/17シーズン

0630Rooney_getty
【写真:Getty Images】

UEFAヨーロッパリーグ:優勝
プレミアリーグ:6位
FAカップ:6回戦
リーグカップ:優勝

胸スポンサー:CHEVROLET(シボレー)
サプライヤー:adidas(アディダス)

 ファーガソンが去った影響は計り知れなかった。13/14シーズンはCL争いにも絡めず、モイーズは1年も持たずに解任された。翌シーズンに就任したルイ・ファン・ハールが獲得したタイトルはFAカップのみで、2シーズンでチームを去った。14/15からシボレーが胸スポンサーとなり、15/16シーズンからはナイキに代わってアディダスがユニフォームのサプライヤーになっている。

 16/17シーズンにはジョゼ・モウリーニョがやってきた。ポール・ポグバ、ズラタン・イブラヒモビッチ、エリック・バイリーとセンターラインを補強してシーズンに臨んでいる。

 まずはリーグカップを制して1冠目。UEFAヨーロッパリーグ(EL)でもサンテティエンヌ、ロストフ、アンデルレヒト、セルタを下して決勝に進んだ。この年加入したポグバとヘンリク・ムヒタリアンがアヤックスとの決勝でゴールを挙げ、EL制覇を達成している。

 ダビド・デヘアは守護神と呼ぶにふさわしい活躍を見せ、チームはトッテナムに次ぐリーグ2位の29失点と堅守を誇った。一方、得点数はビッグ6で最も少ない54得点で、イブラヒモビッチはチーム最多の17ゴールを挙げたが、それに続いたのは6得点のフアン・マタ。負傷者が多く、メンバーを固定することができなかった。引き分けの数は15にも及び、リーグ戦を6位でフィニッシュしている。

【了】

1 2 3 4 5

新着記事

↑top