19/20セリエAベストイレブン。欧州得点王にミランの若き守護神、最多選出はユベントスではなく…

ユベントスの9連覇で幕を閉じた2019/20シーズンのセリエA。今季も最後まで熱い戦いが繰り広げられたが、その中でどのような選手たちの輝きが目立っていたのか。今回はフットボールチャンネル編集部が選んだ2019/20シーズンのセリエAベストイレブンを紹介する。(市場価格は『transfermarkt』を参照)

2020年08月04日(Tue)10時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

GK

ジャンルイジ・ドンナルンマ
【写真:Getty Images】

ジャンルイジ・ドンナルンマ(イタリア代表/ミラン)
生年月日:1999年2月25日(21歳)
市場価格:4950万ユーロ(約59億4000万円)
今季リーグ戦成績:36試合出場/42失点


【今シーズンのセリエAはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 イタリア代表のこれからを担うであろう若き守護神がミランにもたらした勝ち点は決して少なくなかった。長い手足を活かしたミラクルセーブが抜群に冴えており、他の19クラブにとって常に悩みの種に。後半戦はパフォーマンスレベルがさらに上がり、第36節、第37節とPKを連続ストップすることもあった。

 今季はセーブ数101回を記録しており、ペナルティエリア内からのシュートを67回(上位10チーム所属のGKとしては最多)も防いだ。また、クリーンシート数12回はリーグ3位の成績となっており、PKセーブ数4回に関してはリーグ単独トップとなっている。まさに、ミランの壁になり続けたと言えるだろう。

 そして、今季の第35節サッスオーロ戦に出場したことで、21歳ながらセリエA通算200試合出場に到達。これは、ジャンルイジ・ブッフォンやパオロ・マルディーニ氏を上回る早さとなっている。「ミランのユニフォームとともに、200試合出場を達成したことを誇りに思う」とは選手本人の言葉。素晴らしいシーズンになったと言えるはずだ。

【次ページ】DF

1 2 3 4 5

新着記事

↑top