FW

クリストファー・ヌクンク
【写真:Getty Images】

クリストファー・ヌクンク(フランス/背番号18)
生年月日:1997年11月14日(22歳)
19/20リーグ戦成績:32試合出場/5得点15アシスト


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 フランスの若き才能は、昨季RBライプツィヒに完全移籍で加入。下部組織時代も過ごしたパリ・サンジェルマンではなかなか出番が回ってこなかったものの、ドイツの地ではコンスタントに出場機会を得て、新天地1年目からリーグ戦で5得点15アシストの成績を残すなど、センセーショナルな活躍をみせた。

 PSGで磨いたテクニックやドリブルは秀逸で、複数人に囲まれても簡単にボールを失うことがない。それに加え相手の嫌なスペースを見つける眼も冴えており、味方の得点をお膳立てするラストパスの精度も非凡。2020/21シーズンも昨季に劣らぬ活躍に期待したいところだ。

ダニ・オルモ
【写真:Getty Images】

ダニ・オルモ(スペイン代表/背番号25)
生年月日:1998年5月7日(22歳)
19/20リーグ戦成績:9試合出場/3得点3アシスト(ディナモ・ザグレブ)
19/20リーグ戦成績:12試合出場/3得点1アシスト

 数々のビッグクラブに熱視線を注がれていたが、昨冬にRBライプツィヒへ加入した。ユリアン・ナーゲルスマン監督の下ですぐにスタメンの座を掴むと、最終的にはブンデスリーガ12試合に出場。シーズン途中、若き智将に「素晴らしい才能があり、学ぶ姿勢と謙虚さを持っている」という称賛の言葉も贈られている。

 スペイン人らしいテクニックの高さが目立つ選手であり、スピードも水準以上。それらの武器を融合させたドリブルの切れ味ももちろん抜群だ。また、キックの質も極めて高く、アタッキングサードで鮮やかに色を付け加えることも可能。新シーズンは、より攻撃のカギを握ることになるはずだ。

ファン・ヒチャン
【写真:Getty Images】

ファン・ヒチャン(韓国代表/背番号11)
生年月日:1996年1月26日(24歳)
19/20リーグ戦成績:27試合出場/11得点12アシスト(ザルツブルク)

 ザルツブルクでのパフォーマンスが評価され、今季よりRBライプツィヒでプレーする。攻撃的なポジションであればどこまで対応可能であり、スピード、フィジカル、ゴールへの嗅覚、メンタルのすべてが秀逸。そして豊富な運動量を活かしたハードワークも光るなど、多彩な武器を持つアジア屈指のFWだ。

 チェルシーへ去ったティモ・ヴェルナーの背番号11を引き継いだプレッシャーは果てしなく大きいはずだが、その重圧をどこまで跳ね除けられるかは注目ポイントになる。12日に行われたDFBポカール・ニュルンベルク戦ではさっそく1得点1アシストを記録するなど好スタートを切ったが、果たして。

【次ページ】フォーメーション

1 2 3 4 5

新着記事

↑top