欧州各国クラブ、主要移籍まとめ。新天地を求めた選手の能力値を紹介、今回はこの5人

欧州主要リーグでは夏の移籍市場がオープンしている。すでに多くの実力者が移籍を決めており、新天地でのプレーには大きな注目が集まっている。今回フットボールチャンネルでは、移籍を決意した選手たちを様々なデータを参照した能力値とともに紹介していく。今回はアブドゥライェ・ドゥクレ、パトリック・シック、ルイス・スアレス、ルーカス・パケタ、ルベン・ディアスの5人。(移籍金などは『transfermarkt』を参照)。

2020年10月03日(Sat)10時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

パワーと繊細さを兼ね備えるMF

アブドゥライェ・ドゥクレ
アブドゥライェ・ドゥクレの能力値や19/20リーグ戦成績など【写真:Getty Images】

MF:アブドゥライェ・ドゥクレ(フランス)
生年月日:1993年1月1日(27歳)
市場価格:2000万ユーロ(約24億円)
19/20リーグ戦成績:37試合出場/4得点2アシスト(ワトフォード)
移籍先:ワトフォード→エバートン
移籍金:2210万ユーロ(約26.5億円)


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 下部組織時代も過ごしたレンヌで知名度を上げたアブドゥライェ・ドゥクレは、2016年にワトフォードに加入している。2016/17シーズンはグラナダへのレンタル移籍を経験するが、イングランド復帰後は主力として活躍。アーセナルやパリ・サンジェルマンから注目を浴びるほどの存在となった。

 そんなドゥクレの新天地はエバートンに決まった。同クラブは先月8日、フランス人MFを完全移籍で獲得したことを発表。契約期間は2023年までの3年間、移籍金は2210万ユーロ(約26.5億円)となったようだ。エバートンは昨夏にもドゥクレの獲得を目指していたので、1年越しの移籍成立となった。

 ドゥクレはボックス・トゥ・ボックス型の選手だ。とにかく運動量が豊富なため広範囲をパトロールでき、前線から果敢にプレッシングを行うことも厭わない。その強靭な肉体と長く伸びる足を活かしたボールハントの上手さは、プレミアリーグでもトップレベルと言えるだろう。

 それに加え柔らかく繊細なタッチも持ち味で、前線に飛び出すダイナミックさも兼備。攻守において穴が少ない、万能なMFだと言っていいだろう。すでにエバートンでは主力として中盤を引き締めているが、今後のさらなる活躍に期待したいところだ。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top