最高額のイタリア人は誰だ? サッカー選手市場価値ランキング6~10位。ミラン、ユベントス、インテル…強豪の未来を背負う才能たち

100億円を超える移籍金(契約解除金)も珍しくなくなった今日のサッカー界で市場価値の高いイタリア人は誰なのか。今回フットボールチャンネル編集部は、データサイト『transfermarkt』が算出した市場価値ランキングを紹介する。※成績は12月7日時点、価格が並んだ場合の順位はサイトに準拠

2020年12月09日(Wed)6時10分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , ,

10位:ミランのカピターノ

1209Romagnoli_getty
【写真:Getty Images】

DF:アレッシオ・ロマニョーリ(イタリア代表/ACミラン)
生年月日:1995年1月12日(25歳)
市場価値:3600万ユーロ(約43億円)
今季リーグ戦成績:6試合出場/1得点0アシスト


【今シーズンのセリエAはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 25歳のアレッシオ・ロマニョーリはACミランで、かつてフランコ・バレージやパオロ・マルディーニが務めたキャプテンを務める。対人守備に優れたセンターバックで、歳に似合わぬ落ち着きで最終ラインに安定感をもたらしている。

 ローマの下部組織からトップチームデビューを飾ったのは17歳のとき。14/15シーズンにサンプドリアに期限付き移籍して定位置を確保すると、15年夏に2500万ユーロ(約30億円)の移籍金でミランに完全移籍。18年夏に退団したレオナルド・ボヌッチに代わって、23歳の若さでアームバンドを巻くことになった。

 8月に負ったふくらはぎの負傷により、昨季終盤から今季序盤にかけて欠場が続いた。復帰後もコンディション不良からか低調な試合もあったが、好調を維持するミランのキャプテンとして相棒のシモン・ケアーとともに守備陣を支えている。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top