レアル・マドリード
【写真:Getty Images】

 チャンピオンズリーグ(CL)グループリーグ第6節の試合が現地時間9日に各地で行われた。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 王者バイエルン・ミュンヘンがすでに首位通過を決めていたグループAでは2位アトレティコ・マドリードと3位レッドブル・ザルツブルクが直接対決。2-0の勝利を収めたアトレティコが2位通過となり、ザルツブルクはヨーロッパリーグに回ることになった。

 グループBは4チーム全てに最終節まで突破の可能性が残る大混戦。3位に位置していたレアル・マドリードがボルシア・メンヒェングラッドバッハ(ボルシアMG)に2-0の勝利を収め、首位に浮上して決勝トーナメントへ進んだ。インテルとシャフタール・ドネツクはスコアレスドローでどちらも突破を逃し、ボルシアMGが2位となっている。

 グループCはマンチェスター・シティが首位、ポルトが2位を決定済み。長友佑都と酒井宏樹が同時先発したマルセイユはシティとの最終節に敗れてグループ最下位に終わり、ヨーロッパリーグに残ることもできなかった。

 グループDではすでに首位通過を決めていたリバプールがミッティランと1-1のドロー。フル出場の南野拓実は終了間際に決勝ゴールを挙げたかに見えたがVAR判定により幻となった。2位アタランタと3位アヤックスの直接対決はアウェイのアタランタが1-0で制し、2年連続の決勝トーナメント進出を決めている。

 第4審判による人種差別的行為という異例の事態で前日に中断されたグループHのパリ・サンジェルマン(PSG)対イスタンブール・バシャクシェヒル戦も前半14分から再開された。ネイマールのハットトリックとキリアン・ムバッペの2得点により5-1で大勝したPSGがグループ首位通過を決めている。

【本日行われたCLグループリーグ第6節の結果一覧】
バイエルン・ミュンヘン 2-0 ロコモティフ・モスクワ
レッドブル・ザルツブルク 0-2 アトレティコ・マドリード
レアル・マドリード 2-0 ボルシア・メンヒェングラッドバッハ
インテル 0-0 シャフタール・ドネツク
マンチェスター・シティ 3-0 マルセイユ
オリンピアコス 0-2 ポルト
アヤックス 0-1 アタランタ
ミッティラン 1-1 リバプール
パリ・サンジェルマン 5-1 イスタンブール・バシャクシェヒル

【了】

新着記事

↑top