鄭大世、今季限りで清水エスパルス退団。「現役15年で初めての契約満了です」

2020年12月23日(水)13時18分配信

photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , ,

鄭大世
【写真:Getty Images】

 清水エスパルスは23日、元北朝鮮代表FW鄭大世と来季の契約を締結しないことを発表した。クラブの公式サイトで伝えられている。

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 鄭大世はクラブ公式サイトを通じて「現役15年で初めての契約満了です。ドイツ時代、内田、香川、安田と、いずれ俺らにもその時がくると話してました。でもこれほど清々しいのは、豊かな現役生活を過ごしてきたからだと思います。清水では特に多くを手にしましたが、それでもまだこれだけ強く苦しさを感じるのは欲深さゆえであり、欲してる以上、飢え続けるということに気づいてから、新潟では欲せず、先も過去も考えず、周りの判断に反応せず、今何ができるかだけ考えてプレーしました。またこの戦ってる感覚を経験できて本当に幸せでした。 清水では5年間最高のサポーターの前でその経験と多くのゴールを決めれたし、昇格の感動は体に刻みこまれてます」などとコメントしている。

 現在36歳の鄭大世は2015年に韓国の水原三星ブルーウィングスから清水に移籍。今年8月にはアルビレックス新潟に期限付き移籍となった。今季J1では2試合に出場、J2では26試合出場9得点を記録した。

【了】

新着記事

↑top