J1ポジション別ベストプレーヤー5選(MF編)。攻守に大奮闘、日本代表クラスの“心臓”がズラリ

明治安田生命Jリーグは2020年の全日程を終え、22日のJリーグアウォーズでは各賞の受賞者(クラブ)が発表された。そこでフットボールチャンネル編集部では、今季のJ1で輝きを放った選手をポジションごとに5人ずつ紹介する。

2020年12月28日(Mon)6時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

フロンターレの心臓

守田英正
【写真:Getty Images】

守田英正(川崎フロンターレ)
生年月日:1995年5月10日(25歳)
今季リーグ戦成績:32試合出場/1得点0アシスト


【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 圧倒的な強さでJ1を制した川崎フロンターレで4-3-3のアンカーに固定された今季は、攻守両面でチームの心臓だった。攻撃面ではパスワークの中心としてビルドアップの起点を担い、守備面では抜群のボール奪取力でディフェンスラインの前に構える防波堤として機能した。

 1試合あたりの平均パス成功数は57本、平均パス成功率は88%という数字を見るだけでも、いかに高いパフォーマンスを継続していたかがわかる。しかも自陣内での平均パス成功率は92%と極めて高く、それが敵陣内に移っても85%と大きく変わらない凄まじさである。

 田中碧や三笘薫らが躍動できたのも、後ろで睨みをきかせる守田の安心感あってこそ。昨季はやや調子を落としていたが、完全復活どころか、ひと回りもふた回りもスケールの大きなMFへと進化を遂げた。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top