仲川輝人
【写真:Getty Images】

 アジアサッカー連盟(AFC)は26日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2020のベストイレブンを発表した。ファン投票によるベストイレブンと、『Opta』のデータに基づいたベストイレブンの2つが発表されている。

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 ファン投票によるベストイレブンには、横浜F・マリノスから喜田拓也と仲川輝人の2人が選出された。喜田は大会で最高となるパス成功率93.1%を記録するなど好プレーを見せたことがAFC公式サイトで伝えられている。

 仲川は4得点に加えて、大会最多の4アシストも記録。両者は中盤部門の投票でヴィッセル神戸のアンドレス・イニエスタらを抑えて選出された。

 投票によるベストイレブンにはその他に、優勝した蔚山現代から大会得点王のFWジュニオール・ネグランが選ばれたほか、準優勝のペルセポリスから最多の5人が選出されている。

 仲川は『Opta』によるベストイレブンにも選出。こちらは横浜FMから他にDFティーラトンとFWオナイウ阿道も選出された。両方のベストイレブンに選ばれたのは仲川とDFユー・ヤン(北京国安)の2人のみとなり、大きく顔ぶれが異なっている。

【了】

新着記事

↑top