浦和レッズの21歳DF橋岡大樹、ベルギーのシント=トロイデンへ期限付き移籍決定

2021年01月31日(Sun)17時20分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , ,

橋岡大樹
【写真:Getty Images】

 J1の浦和レッズに所属する日本代表DF橋岡大樹は、ベルギー1部のシント=トロイデンVV(STVV)に期限付き移籍することが合意に達した。31日に両クラブより発表が行われている。

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 期限付き移籍期間は2021年1月30日から2022年6月30日までの1年半。欧州の今季後半戦と来季をベルギーで戦う契約となる。

「僕は、浦和レッズのファン・サポーターに出会うことができて、本当に幸せ者だと思っています」と橋岡はクラブを通してコメント。「ベルギーで、僕が浦和レッズで培ってきたものを全力で出し切って、ヨーロッパで活躍できるよう、がんばります。そして、僕は浦和という街が本当に大好きなので、絶対に恩返しをします」とサポーターへのメッセージを送っている。

 現在21歳の橋岡は浦和の下部組織で育った生え抜き選手。2017年に2種登録でトップチームデビューを飾ったあと翌年昇格し、これまでにJ1で通算74試合、公式戦合計96試合に出場していた。2019年には日本代表にもデビューし、EAFF E-1サッカー選手権で2試合に出場している。

 STVVはベルギー1部リーグで現在18チーム中15位。GKシュミット・ダニエル、DF松原后、FW鈴木優磨、中村敬斗、伊藤達哉の5人の日本人選手が所属し、シュミットと鈴木はレギュラーとして出場を続けている。

【了】

新着記事

↑top