ガンバ大阪、期待の新戦力5人。韓国代表MFは実績十分、ブラジル人FWは得点王候補

2021年02月11日(Thu)6時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , ,

W杯にも出場した韓国代表MF

0211JuSeJong_getty
【写真:Getty Images】

MF:チュ・セジョン(韓国出身/背番号6)
生年月日:1990年10月30日(30歳)
前所属:FCソウル(韓国)
2020リーグ戦成績:11試合0得点

 AFCチャンピオンズリーグでの経験も豊富なチュ・セジョンが加入したことにより、G大阪の中盤の層は厚みを増すことになる。韓国代表としての実績もあり、2018年は兵役中だったにもかかわらず、ロシアワールドカップのメンバーに選出。ドイツ代表戦でアシストもマークしている。

 セントラルMFを主戦場とするチュ・セジョンは豊富な運動量や対人プレーの強さが武器で、広い視野を活かした配球力を備えている。レギュラー定着を果たした山本悠樹に加え、矢島慎也や井手口陽介といった選手とポジションを争うことになるだろう。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top