横浜F・マリノス、最強の助っ人は誰だ!? 歴代外国人得点ランキング1~5位。初代得点王ラモン・ディアスは2位。1ゴール差でトップは…?

2021年04月10日(Sat)9時00分配信

text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , ,

2位:Jリーグ初代得点王

ラモン・ディアス
【写真:Getty Images】

ラモン・ディアス(アルゼンチン)
生年月日:1959年8月29日(61歳)
Jリーグ通算成績:75試合/52得点
在籍時期:1993-95

 アルゼンチン代表でディエゴ・マラドーナの相棒を務め、クラブレベルでも数々の成功を収めた世界的なFWが、Jリーグにやってきた。1993年に開幕したJリーグで、特に注目を集めたビッグネームの一人がラモン・ディアスだ。

 期待を集めても、それも応えることができずに帰るビッグネームは数多いる。しかし、ラモン・ディアスは「本場のサッカー」をJリーグで示した功労者だ。開幕戦のヴェルディ川崎戦で決勝点を挙げると、2試合連続ハットトリックなどの活躍もあり、28得点でJリーグ初代得点王となった。2年目も23ゴールを挙げて、Jリーグ初期のマリノスの原動力となっている。

 2年連続の20ゴール超。得点力の高さは言うまでもないが、中でも左足の精度は多くのファンを魅了した。昨年は本田圭佑(現ネフチ)が所属していてボタフォゴの監督に就任したが、健康上の都合で1試合も指揮を執ることなく退任している。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top