清水エスパルス、最強の助っ人は誰だ!? 歴代外国人得点ランキング1~5位。首位は元韓国代表の職人ストライカー。7戦連続弾のドウグラスは何位?

2021年04月24日(Sat)8時00分配信

シリーズ:Jリーグ歴代外国人得点ランキング
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , ,

3位:日本サッカーリーグ最後の得点王

20210423_shimizu-3_getty
【写真:Getty Images】

トニーニョ(ブラジル)
生年月日:1965年3月23日
Jリーグ通算成績:79試合/37得点
在籍時期:1992-1995, 1996

 Jリーグ創設初期のスター選手の一人。ブラジル代表経験もあるトニーニョは、読売(東京ヴェルディ)で日本サッカーリーグ最後の得点王となり、その次のシーズンから清水エスパルスに加入している。

 1993年は開幕から3試合連続得点を記録して好発進を切ったが、負傷でほぼシーズン全てを棒に振った。それでも1994年は44試合に出て22ゴールを記録。リーグ得点ランキングで6位に入っている。

 その後、外国人枠の都合で浦和レッズへの期限付き移籍を経験。1996年には再び清水エスパルスに戻ったが、オリバとポジションがかぶったため出場機会を減らした。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top