清水エスパルス、最強の助っ人は誰だ!? 歴代外国人得点ランキング1~5位。首位は元韓国代表の職人ストライカー。7戦連続弾のドウグラスは何位?

 29年目を迎えたJリーグでは、これまで様々な外国籍選手がプレーしてきた。清水エスパルスでも、多くの外国人選手がクラブの歴史に名を残している。今回は、清水エスパルスでプレーした外国籍選手の中から、所属時の得点ランキングを紹介する。※成績はJリーグ通算

2021年04月24日(Sat)8時00分配信

シリーズ:Jリーグ歴代外国人得点ランキング
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , ,

5位:天皇杯のタイトルにも貢献

20210423_shimizu-5_getty
【写真:Getty Images】

バロン(ブラジル)
生年月日:1974年1月19日(47歳)
Jリーグ通算成績:56試合/21得点
在籍時期:2001-2002


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】

 ジェフ千葉の同ランキングで5位に入ったバロンが、清水エスパルスでも5位にランクインした。

 ジェフ千葉での2年間でリーグ戦30ゴールを挙げたバロンは、清水エスパルスにきてもコンスタントにゴールを記録。1シーズンめに15得点、2シーズンめに6得点を挙げている。2002年元日の天皇杯決勝では決勝点を挙げてタイトル獲得にも貢献した。

 その後、セレッソ大阪、ヴァンフォーレ甲府、鹿島アントラーズ、ベガルタ仙台、ヴィッセル神戸、アビスパ福岡と、日本のクラブを渡り歩いたバロン。長い日本でのキャリアは現役引退後も役立っており、2016年のリオデジャネイロオリンピックでは、バスケットボール女子日本代表を通訳としてサポートした。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top