Jリーグ、緊急事態宣言中のリモートマッチ開催が決定。関西7試合が無観客に

2021年04月24日(Sat)20時28分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , ,

Jリーグ
【写真:Getty Images】

 Jリーグは24日、日本政府より4都府県を対象とした緊急事態宣言が発令されたことを受け、現時点で計7試合をリモートマッチ(無観客試合)で開催することが決定したとして発表を行った。

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 緊急事態宣言の対象地域は東京都、大阪府、京都府、兵庫県の4都府県となり、期間は4月25日から5月11日まで。この期間中に関西3府県で開催が予定される試合についてはリモートマッチとなることが決まった。

 対象となる試合は、明治安田生命J1リーグでは5月1日の第12節ヴィッセル神戸対サンフレッチェ広島戦、同2日の第12節セレッソ大阪対ガンバ大阪戦、同8日の第13節G大阪対川崎フロンターレ戦の3試合。JリーグYBCルヴァンカップでは4月28日の神戸対大分トリニータ戦、5月5日の神戸対FC東京戦。J2では5月1日の第11節京都サンガF.C.対愛媛FC戦、同9日の第13節京都対モンテディオ山形戦が無観客となる。

 一方、東京での開催が予定される試合については現時点で詳細は未定とされ、「開催方式が決定次第お知らせいたします」と発表されている。対象となるのはJ1では5月1日の第12節FC東京対横浜F・マリノス戦、J2では同2日の第11節東京ヴェルディ対大宮アルディージャ戦、FC町田ゼルビア対レノファ山口FC戦、同5日の第12節東京V対ザスパクサツ群馬戦。

 Jリーグでは、新型コロナウイルス感染拡大の影響により昨季のリーグ戦が中断されたあと、再開直後の一部試合をリモートマッチで開催。その後は人数制限を設けながら原則的に有観客で試合を行ってきたが、感染再拡大によって再び無観客の措置が取られることになった。

【了】

新着記事

↑top