マリノスがオナイウ阿道のハットトリックで快勝。ベガルタ仙台は待望の今季初白星【J1第12節結果】

2021年05月01日(Sat)15時59分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , ,

Jリーグ
【写真:Getty Images】

 明治安田生命J1リーグ第12節の試合が1日に各地で開催されている。14時キックオフのカードとしては3試合が行われた。

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 今季未勝利で降格圏の19位に沈んでいたベガルタ仙台は、3連勝中と上り調子の柏レイソルとホームで対戦。68分には蜂須賀孝治からのクロスにダイビングヘッドで飛び込んだ西村拓真のゴールで仙台が先制し、そのまま1-0で待望の今季初白星を挙げた。

 FC東京対横浜F・マリノス戦は前半8分、右サイドを深い位置まで突破したエウベルがゴール前へラストパスを送り、フリーのオナイウ阿道が至近距離から押し込んで横浜FMが先制。1点リードで折り返したあと、52分にもエウベルの突破からのクロスにオナイウが合わせて追加点を奪う。

 さらに61分にも同じコンビが3点目を生み出す。エウベルのシュートがGK波多野豪に弾かれたこぼれ球をオナイウが蹴り込んでハットトリックを達成。リーグ戦直近3試合で6得点と絶好調なオナイウはこれで今季8得点としてチームメートの前田大然に並んだ。横浜FMは今季2度目の3連勝を飾り、リーグ戦10試合連続無敗としている。

 2連勝中のアビスパ福岡はホームでの浦和レッズ戦。前半8分にはロングボールをキャッチしたGK西川周作がボールをこぼしてしまい、ブルーノ・メンデスが素早く反応して無人のゴールへ先制シュートを蹴り込んだ。

 福岡が1点リードのまま終盤を迎え、86分には追加点。志知孝明からのクロスを受けた交代出場のジョン・マリがワントラップからボレーを放ち、西川の手を弾いたボールがネットに収まった。福岡は3連勝を飾り、勝ち点でも浦和を上回っている。

【了】

新着記事

↑top